ぺんぎんメモ

sponsored link

「梅と食塩だけ」の昔ながらの梅干し

time 2017/02/18

現在スーパーに売っているほとんどの梅干しが調味梅干しで、保存料や砂糖などが使ってあります。でも本来梅干しとはそれ自体が保存料の役目を果たし、お弁当やおにぎりで活躍していたものです。

塩分が悪者扱いされ食べやすさが進んだ結果、塩以外の様々なものが入るようになり梅干しの栄養価は下がっています。梅と塩だけで漬けた梅干しをスーパーでは手に入れられなかったため、今回ネットで注文してみました。酸っぱいので1個を2~3回に分けて頂くことにしています。

梅干しは国産としか表示がないため紀州産でない可能性が高いのですが、次回以降別メーカーで紀州産の梅干しを再度買ってみようと思っています。小田原産梅干しも汚染があるといわれるので、産地には注意しなければなりません。

今回頼んだのは270gで648円の梅干しですが、塩だけの梅干しに慣れたら量の多いものを買ってみようかと考えています。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。人生を好きにいられるように自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link