ぺんぎんメモ

sponsored link

習慣が自信をつくり結果を導く

time 2017/02/16

元シアトル・マリナーズ、アスレチック・トレーナーである森本貴義氏がある本の中で「イチローがあれだけヒットを打てるのはルーティン=習慣力があるからです。」と言っていました。

森本氏が世界でもトップレベルの選手を見続けてきた中で知ったのは、結果を出せる選手とそうでない選手の違いはルーティン力があるかないかということだったそうです。

その中で結果にとらわれる人は人の評価を気にする人であり、人の評価を気にすると結果ばかり追い求めるようになり、結果を追い求めるあまりそれを生み出すプロセスを構築しようとしなくなり、結果に波が出るのだそうです。

人の評価は非常に移ろいやすいものがゆえ、それを気にしてばかりいると自分を見失ってしまうということなのでしょう。

結果を出す人は他人と自分を比較するのではなく、昨日の自分と今日の自分を比較し、何が必要なのかを見出していくプロセスを持っており、そのプロセスを構築する作業がルーティン力だというのです。

日々の習慣がいかに重要かを感じます。習慣が自信をつくりそれが結果に繋がるということは、アスリートの世界だけでなくどの分野でも言えることだろうと思います。

新たなことを続けていく事は大変ですが、それを続けて習慣となったときにはそれまでとは違った自分になれているのかもしれません。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。人生を好きにいられるように自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link