ぺんぎんメモ

夫婦間のマッサージは「心の痛み」を癒す効果がある

time 2017/02/17

以前「母親とのスキンシップ量が他者への依存度・自信を決める」でスキンシップの効能を述べたのですが、母子間だけでなく夫婦間でもその効能は高いのだそうです。

スキンシップには色々ありますがその1つであるマッサージには体の痛みを軽減させるだけでなく、心の痛みを癒したり和らげたりする効果もあるらしいのです。

衝撃的なできごとで心に傷を負ったときというのは、子どもは身体的な愛情を普段より強く求めるのであり、マッサージはその欲求を十分に満たしてあげることができる」(『子どもの「脳」は肌にある』光文社新書,186項)」そうで、親は子どもが身体に触れてくる欲求を満たしてあげることが大切なのだといいます。

子どもは何か嫌なことがあった際にできた痛みやストレスを、母親との十分なスキンシップにより除去・消化・解消することがあるそうです。

これと同じように、恋人間・夫婦間でもマッサージによって、心にできた痛みを解決することができるらしいのです。

それゆえ、普段スキンシップをしない夫婦間で相手がスキンシップを求めてくるような時は、心に傷や痛みを抱えている可能性が高いので、肩をもんだりマッサージをしたりすることは相手の心のバランスを整えるために非常に効果的だといえます。

科学的な根拠はありませんが、マッサージ効果が絶大なことは、中国を中心としてツボ押しや整体、推拿などの療法があることや、日本で整体やマッサージ店が激増していることからも証明していると思います。

心と身体は連動する関係なので、心の痛みを癒すためにマッサージが有効なのは当然なのかもしれません。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]









アーカイブ