ぺんぎんメモ

sponsored link

夫婦間のマッサージは「心の痛み」を癒す効果がある

time 2017/02/17

以前「母親とのスキンシップ量が他者への依存度・自信を決める」でスキンシップの効能を述べたのですが、母子間だけでなく夫婦間でも重要なことだと最近考えるようになりました。

スキンシップには色々ありますがその1つであるマッサージには体の痛みを軽減させるだけでなく、心の痛みを癒したり和らげたりする効果もあるのだそうです。

衝撃的なできごとで心に傷を負ったときというのは、子どもは身体的な愛情を普段より強く求めるのであり、マッサージはその欲求を十分に満たしてあげることができる」(『子どもの「脳」は肌にある』光文社新書,186項)」ため、親は子どもが身体に触れてくる欲求を満たしてあげることが大切なのだといいます。

子どもは何か嫌なことがあった際に出来た痛みやストレスを、母親との十分なスキンシップにより除去・消化・解消することがあるそうです。

これと同じように恋人間・夫婦間でもマッサージによって、心に出来た痛みを解決することができるというのです。

それゆえ、普段スキンシップをしない夫婦間で相手がスキンシップを求めてくるような時は心に傷や痛みを抱えている可能性が高いので、肩をもんだりマッサージをしたりすることは相手の心のバランスを整えるために非常に効果的だといえます。

科学的な根拠はありませんがマッサージの癒し効果は絶大だと思います。中国を中心としてツボ押しや整体、推拿など多くの療法がありますが、日本にも激増しています。

その要因はもしかすると身体が疲れていると同時に、人に触れられることによる癒し効果を求めているためなのかもしれません。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの30代。日常、旅、価値観の記録。移住、早期リタイア を目標に生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link