ぺんぎんメモ

sponsored link

パリ市内中心部で「疲れず気軽に食事が摂れる」レストラン

time 2017/02/19

パリには多くの飲食店がありレストランもありますが、ここでお話するのは形式ばっていない・疲れない・気軽に食べられるレストランです。1つ目はギャラリーラファイエットの最上階にあるレストラン。ここはビッフェ形式ですが、メニューや重さで値段が決まるようで、料理をお皿によそった後すぐに精算する形になっていました。

私は大量のサラダとパスタ、一緒に行った母はサラダとラザニアを選択しました。これで1人前約2000円です。日本に比べれば大味ですがスーパーのサラダは食べられたものではありません。ヨーロッパに来ると野菜不足になるのでここのサラダはお勧めです。このレストラン良い点は野菜が豊富に摂れること以外に、堅苦しくないカジュアルな雰囲気で食事が摂れることです。


もう1つは、ポンピドゥーセンター近くのビル地下1階にあるレストランです。美術館鑑賞で疲れたらここで休むのもお勧めです。ここも先程のレストランと同様のシステムでしたが、レストランというよりもファーストフードに近いメニュー内容で軽食屋といった感じでした。

ガレットやサラダ、ポテトサラダ、デザートを選んで食べることが多いです。気軽に食事やお茶が出来る雰囲気で、多くの若者や女性がお喋りしながら利用していました。

海外では日本とマナーが違うことが多く、慣れない習慣と言語で外食は疲れてしまうことが多々あります。海外滞在時はお店でテイクアウトしたものをホテルで食べることが多いですが、気軽に比較的安価に利用できるレストランがあれば随分と楽だと思います。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。人生を好きにいられるように自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link