ぺんぎんメモ

パリ市内中心部で気軽に食事が摂れるレストラン2つ

time 2017/02/19

パリには多くの飲食店がありますが、形式ばっていない・気疲れしない・気軽に食べられるお店は貴重な存在です。そんな飲食店の1つは、ギャラリーラファイエット最上階にあるビッフェ形式のレストラン。ここのお店は、メニューやメニューの重さで値段が決まり、料理をお皿によそった後に精算するシステムになっています。

私は大量のサラダとパスタ、一緒に行った母はサラダとラザニアを選択。これで1人前約2000円。日本に比べれば全体的に大味ですが、スーパーのサラダが薬品臭くて食べられないのと比べると断然マシ。ヨーロッパに来ると野菜不足になるので、ここのサラダはオススメです。

このお店の良い点は、野菜が豊富に摂れること以外に、堅苦しくないフードコート的な雰囲気で食事が摂れること。他のテーブルでは数人が料理をシェアしながらワイワイ食事を摂っていて、長居しても良いような気軽な雰囲気に魅力を感じました。


もう1つは、ポンピドゥーセンター近くのビル地下1階にあるレストラン。美術館鑑賞で疲れた時は、何度かここで休んでいました。ここも先程のお店同様のシステムでしたが、先程のお店よりもファーストフードに近いメニュー内容でした。

簡単な肉料理、フライドポテト、ガレット、生野菜サラダ、ポテトサラダ、デザートなどがありますが、料理はだいたい美味しいので安心。明るい店内には、食事やお茶をしながらお喋りしている若い男女が多く、長居できる雰囲気も◎で居心地よいお店だと思います。

海外では日本とマナーが違うことが多く、慣れない習慣と言語で外食は疲れてしまうことが多々あり、お店でテイクアウトしたものをホテルで食べることが多い私。でも、たまには、比較的安価に気軽に利用できる美味しい飲食店があれば利用してみようと考えていて、今後はそんなお店を見つけながら海外滞在を楽しみたいと思っています。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]









アーカイブ