ぺんぎんメモ

sponsored link

続けることより体を大事に ― 古くて狭い価値観からシフト

time 2017/02/18

「続けることは大事、諦めるな、継続は力なり、石の上にも3年」という価値観があります。これらは正しい面もありますが、そうでない面もあると思っています。

日本には他国よりも、継続を非常に重んじる価値観があります。

確かに続けることが人や社会の力となり、より良い状況を生み出している場合も多いでしょう。そして、そう生きることが地に足を着けて生きるということなのかもしれません。

でも、心身を酷使してまで継続していることがあるとしたら、それは本当に必要なことなのでしょうか?

そうした生き方を善としていたら、人も社会も遅かれ早かれ壊れてしまうのではないでしょうか?

あたりまえの話ですが、50年前や30年前、10年前とは違う社会が今の日本にはあります。

親の時代とは全く違う時代に生きているにも関わらず、子どもの多くは親の生き方や価値観を押し付けられて生きています。

健康かはさておき日本は長寿国と言われていますから、古い価値観を押し付ける人が他国よりも多いはずです。

そんな環境下で、子ども達は現代に不適合な価値観の犠牲になりながらも、新たな生き方を模索しています。いまだに親の世代の生き方が正しいと信じ込んでいる子ども多いかもしれません。

でも人は人、自分は自分、親は親、子どもは子どもです。そして、逃げたり・諦めたり・投げ出したりした方がいい場合もあります

続けるだけが全てじゃないはずです。もちろん、続けることで人や社会から信頼を得られますが、それ以上に大切なものもあると思います。

もし身体を犠牲にしてまで継続を要求する社会・人があったなら、その社会・人とは間違いなく離れて生きていく私です。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。人生を好きにいられるように自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link