ぺんぎんメモ

sponsored link

四季折々の花を愛でる余裕を持ちたい

time 2017/02/26


日本には四季があるため年中色々な花を観賞することができますよね♪

幼い頃、道端に生えているタンポポやシロツメクサ、レンゲなどでよく冠を作って遊んでいましたが、こんな道端でいろいろな花を楽しめる国もそうないんじゃないかと思います。だいたい花以前に、草さえ生えてなかったり所もあるし…。

春に咲く花で身近なものといえば桜でしょうか。多磨霊園で見かけた桜からは、場所柄小学校の校庭とは異なる荘厳な雰囲気を感じました。咲く前・咲いている時・散っている時・散った後全てが絵になる美しい花です。

満開に咲き誇った桜は、青空と重なって絵画のような美しさでした♪春って感じですね。

梅雨の時期には、やっぱりあじさい。下田で見かけたあじさいは鮮度が高くて、水みずしさを感じました。あじさいは葉っぱや枝、根も大きいので、花の中では割とたくましい印象を受けます。

夏の花というと、ひまわり。静岡で見かけたひまわり畑は圧巻でした!ひまわりは花が大きいので、とても迫力があります。そのせいで、幼い頃は種の部分にビビっていました(笑)

また、意外に知られていませんが、蓮の花も夏の花です。秋田・久保田城のお堀に咲く蓮の花は、日本昔話に出てくるような立派なものでした!

秋になると、コスモスやマリーゴールドをよく見かけます。フラワーセンター大船植物園で見たこの花は、ヒヨコの様な印象を受けて可愛らしく感じましたが、花の名前が不明です…。

こうやって、花から春季秋冬を感じられるのは素晴らしいことですが、あまりに忙しい生活を送っていると、花を愛でる心の余裕がなかなか持てないものなんですよね(笑)

ただ、疲れている時に自宅に花を飾ると、住人の疲れを吸収してくれるといいますから、疲れたら自宅に花を飾ると癒し効果が望めるのかもしれません。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。人生を好きにいられるように自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link