ぺんぎんメモ

四季折々の花を愛でる余裕を持ちたい

time 2017/02/26


日本には四季があるため、ほとんどの地域で年中色んな花を観賞することができます。幼い頃、道端に生えているタンポポやシロツメクサ、レンゲなどで冠を作って遊んでいましたが、道端で花を楽しめる国もそうないんじゃないかと思います。

春に咲く身近な花といえば桜。咲く前・咲いている時・散っている時・散った後、全てが絵になる美しい花です。場所や種類によって、雰囲気が変わるのも魅力です。ちなみに、多磨霊園で見かけた桜は荘厳な雰囲気を感じました。

満開に咲き誇った桜は、青空と重なって絵画のような美しさでした。まさに春って感じです。

梅雨に咲く身近な花は、やっぱりあじさい。下田で見かけたあじさいは鮮度?が高く、水みずしく感じました。あじさいは葉っぱや枝、根も大きいので、花の中ではたくましい印象を受けます。

夏で身近な花は、アサガオかひまわり。ひまわりは花が大きいので、ひまわり畑などの集合群はとても迫力があります。そのせいで、幼い頃は種の部分が怖かったです(笑)

意外に知られていませんが、蓮も夏の花。秋田・久保田城のお堀に咲く蓮の花は、日本昔話に出てくるような立派なものでした。

秋になると、コスモスやマリーゴールドをよく見かけます。フラワーセンター大船植物園で見つけた名称不明のこの花は、ヒヨコみたいで可愛い。

こうやって花から季節を感じられるのは素晴らしいことですが、多忙な生活を送っていると花を愛でる余裕自体がなくなります。でも疲れている時に、自宅に花を飾ると住人の疲れを吸収してくれるらしいので、余裕がなくても自宅に花を飾っておくのがいいかもしれません。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]









アーカイブ