ぺんぎんメモ

sponsored link

狭い価値観の土地で「自分の志」を貫いて生きるのは困難

time 2017/03/18

日本社会のほとんどが閉鎖的な村社会であり、古くて狭い価値観にとらわれていることが多いように思います。

そんな価値観に縛られることで、その地域・集落内で力を持っている者であれば継続して利益を得ることができますが、それ以外の人々は苦しく辛く惨めな思いをしている場合もあります。

それでもその地域・集落で生きることが好きであれば良いのですが、「そこでは生きていけない」と思うのなら、その地域・集落外へ出るのも1つ。私もそんな選択をした1人です。

閉鎖的な社会では、偏った価値観によりその社会の統制を取っていることが多いため、多様性や個性などは重視されず、決められた枠の中で成功できる画一的な人間しか認められないことが多々あります。

日本は他国と比べると国土的には狭いですが、縦に長い島国なうえに各地域・集落で歩んできた歴史も異なるため、地域・集落によって人々の性質がかなり違う印象です(〇〇人や〇〇男児と言われますよね)。

最近読んだ『北の農民 南の農民』という本でも、そうした地域性の違いを感じる文面を多く見ました。

山形県で農業を営む星さんと、宮崎県で農業を営む山下さんの約1年間の文通を載せた本なのですが、雪が降り年間日照時間が短くたいした開発をされなかった東北と、一年を通じて日照時間が豊富で幕末から今に至るまで力をふるい続けてきた九州とは、考え方がだいぶ違うのです。

一概にはそういえない部分もありますが、閉鎖的で偏狭的な地域・集落、特に農業で生きていく者であれば、水をもらう必要がありますからイヤでも周囲に合わせて生きることが求められます…。

人は1人では何もできません。特にそうした偏狭的な地域・集落では、バックに巨大な権力・財力でもない限り出過ぎた杭でも打たれてしまう……

ゆえに、自分の志や価値観を貫いて生きていこうとするならば、自分の他に1人でも理解者を得るか、もしくは閉鎖的・辺境的地域の外へ出る選択が必要だと思っています。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。