ぺんぎんメモ

sponsored link

加藤諦三氏の著書を読んで – 日本人の多くは神経症

time 2017/02/20

加藤諦三氏の著書を何点か読みながら納得できる部分の多さに驚嘆しました。と同時に多くの日本人に当てはまる内容だとも感じてしまいました。

その内容とは神経症的ということです。

神経症は色々な種類がありますが、その原因の多くは自尊心の低さによる自信のなさと現代の教育方法による幼少期の甘え不足、そしてマスメディアの存在だと思っています。

そもそも日本人は細部にまでこだわる性質があります。その性質が更に神経症を促進する要因の1つになっているのではないかと考えるのです。

私は以前接客業をしていたのですが、そこで異常なほどの細かさを感じていました。例えば理不尽な要求をしてくるお客が異常に多かったり、店員の言い方が少しでもお客の気に障るものであればクレームになったりすることです。

日本人は元来細かい民族ですが、それが神経症とも関わっている気がしてなりません。

  • 細かいことにこだわる民族=綺麗好き=外国人が驚くほど街が清潔に保たれている
  • 細かいことにこだわる民族=細かい作業が得意=壊れない精密機械を生み出せる
  • 細かいことにこだわる民族=舌も細かい感覚を持つ=繊細な味を表現できる=日本人が作った外国料理が1番美味しくなる
  • 細かいことにこだわる民族=言語も細かい表現となる=微妙な表現の違いで他人の優劣を図ろうとする

上記の特性にプラスして、島国であることと単一民族であることが影響して、価値観が偏狭になりやすく視野が狭くなりやすいのではないかと思うのです。それが神経症を生みやすい土台になっているのではないかと。

いつからそんな風土になったのかは分かりませんが、残っている写真などから判断するに、明治以降に出来上がっていったのではないかと考えています。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの30代。日常、旅、価値観の記録。移住、早期リタイア を目標に生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link