ぺんぎんメモ

sponsored link

憲法改正になぜ反対するかの理由はこれで十分

time 2017/09/05

かなり前から憲法改正論議はあったけれど、現政権は憲法改正しようと1番積極的に動いています。しかも、2017年のNHK世論調査(個人面接法)では43%の人が憲法改正に賛成しているという結果があります。

しかしながら、現時点では政治に不参加の国民も多く、憲法改正の議論が尽くされていない状況下で、憲法改正へ強硬突破しようとしている現政権には不信感を覚えるばかりです。

そしてそんな姿勢が、他の法律と同様フタを開けてみれば改悪されていたという結果を招く可能性の高さを感じさせます。

ゆえに憲法改正をすれば9条を戦争可能なものに替えるはずで、だからこそ私は改正には反対です。

確かに、現状は非核三原則がありながら核の平和利用という建前で原発を保有し、自衛隊という軍隊も様々な武器も保持しています。この時点ですでに憲法違反(笑)

でも、逆に言うと今9条があるにも関わらず、核・軍隊・武力を保持している訳です。

これがもし改正されて表立って戦力を保持することが可能となり、国の交戦権がこれを認めたらどうなるんでしょう???

おそらく、今以上に軍事費を大幅に増加し(今年度も増やしましたが)、徴兵制を導入し、政府関係者親族の軍事機器製造企業に大量に武器を発注し、そのために増税し、そして国民の生活が今以上に苦しくなる等々、一気に軍国主義の時代に戻るでしょう。

「そんな簡単に戻れないよ」と言う方が大勢いますが、それは地方の義務教育の実態を知らない方だと思います。田舎には小学校から軍隊教育が施されている地域がたくさんありますよ……

そして警察官の数が増えていることからも分かるように、戦中の特高警察が復活する体制も着々と整ってきています。

現憲法はGHQに押し付けられた憲法だから自前の憲法を作るべきという考えがありますが、現憲法は日本人の案がもとになっていますからほぼ自前のものといえるでしょう。

そうでなくても、他に社会問題が山積みの中、オリンピックに過剰な税金投入しようとしているような国で、マトモな憲法が作れるとは到底思えません…。

憲法改正をする前に、税金をきちんと振り分け、全職種の過剰な勤務体制を是正し、借金を減らしてマトモな国家体制にするなど優先的にやるべきことが山ほどあるのではないでしょうか?

それさえできない国が憲法改正なんてしたら、他の法律と同様に改悪されて庶民の生活が崩壊する可能性が高いと思います。

「憲法改正に反対するなんて甘い」という考えがありますが、その考えこそ戦争がどれだけ地獄の状態かを知らない甘い考えだと思います。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。自由に生きたい。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。