ぺんぎんメモ

手の皮がむけるのはストレスと疲労が原因

time 2017/02/26

思春期のニキビができていた時期、季節の変わり目には毎回手の皮がむけていた覚えがあります。何をしても治らず、皮がむけた部分の皮膚が薄くなってヒリヒリしていること、見た目がよくないので他人に手の平を見られないよう気にしていたことが記憶に残っています。

当時住んでいた場所は山深い田舎だったので、大気汚染が原因ではないでしょうし、私以外の家族は誰もそんな症状がなかったので、家や食事の問題でもなかったと思います。

考えられる原因は、ストレスと疲労でした。当時は色々な事情から、毎日の睡眠時間は4時間未満がほとんどで、たまの休みに寝溜めしていることが多くありました。そして、手の皮がむける以外にも、尿検査で蛋白が出たり、左手の指だけ紫色に変色していたり、夜尿症も酷かったりしていました。

ゆえに、手の皮がむける原因が本当にストレスと疲労かどうかは不確かですが、その可能性は高いと思っています。なぜって、今は季節の変わり目でも一切皮がむけませんから。ストレス・疲労無し生活は、体調不良を招きにくいですよね。

もしも現在手の平の皮がむけている方がいるならば、現生活を見直して心身ともにしっかり休養することを勧めます。それは身体からのSOSだと思うので、可能な限り身体を守ってあげてほしいです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]









アーカイブ