ぺんぎんメモ

sponsored link

手の平に赤い斑点が出来る原因はストレス―「手は第二の脳」

time 2017/03/20

手の平の皮がむける原因はストレス」を書いたのですが、それとは別に社会人になってから手の平に赤い斑点が出来るようになりました。

とはいえ年中現れているわけではなく、過度に忙しい時期に出てくる症状でした。同時期には不正出血もありましたから原因だったのだと思います。会社勤めを辞めたら両方とも治ったため、手の平は身体の状態と密接に関係していることに気付きました。

足は第二の心臓と言われますが手は第二の脳だそうです。とすると、手の平に現れる症状は身体よりも脳にストレスがかかっている状態だといえるかもしれません。脳が深刻な疲労状態にあるのです。

脳は人類の発展にも寄与してきましたが、同時に人の生命を脅かすものも作り出しています。昨今、脳の使い方など脳をいかに使うかばかりが取りざたされていますが、行動も重要です。

現代は過去の時代よりも脳を酷使させているため、バランスが崩れている気がします。脳を必要以上に使うと麻痺してまともな思考能力を持てない危険性もある気がします。

現社会は、庶民に対して重要なことから目を背けさせる教育を施しています。それが結果的に多くの問題をつくり増長させる原因になっていると思います。

それは今に始まったことではなく、また日本だけではない傾向かもしれません。どういう状況にせよ、これ以上生活に制限を加えられて生きにくい社会になって欲しくないので、脳を過剰に使わせる状況はやめて欲しいと思います。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。