ぺんぎんメモ

sponsored link

『おとなになるってどんなこと?』子どもの自分を抱えて生きること

time 2017/02/28

心も頭も中学生で止まったままの私ですがw、当時読んでいた吉本ばななさんの小説やエッセイにはかなりの影響を受けていました。

そんな吉本ばななさんが書かれた本に『おとなになるってどんなこと?』があります。唐突で恐縮ですが、印象的な文章を以下にいくつか引用します。

  • 「大人になるということは、つまりは、子どもの自分をちゃんと抱えながら、大人として生きるということ」
  • 「自分がわくわくするようものだったら、寝ないででも学ぶべき」
  • 年をとると「行きたくないレストランも、飲みたくない飲み物も、着たくない服も分かってくるし、もっと言うと会いたくない人も分かってくる」
  • 人が何をするために生まれてきたかといえば「それぞれが自分を極めるためだと思っています。人がその人を極めると、なぜか必ず他の人の役に立つようになっています」
  • 「辛かったり、苦しかったり、面倒だったりするのは、充分に生きていない状態だからです。そして充分に生きていない状態にあると、同じように充分に生きていない人ばかりがまわりにいるので、世界中はこんな感じだと思ってしまう」
  • 「いろいろな価値観から自由でないと、その人本来の姿にはなれません」
  • 「自立というのは、お金のことではない気がします。お金をちゃんと稼いでいて、親と別に暮らしていても、全く親離れしていない人はたくさんいます」
  • 「私が考える自立は、親や兄弟姉妹に、何も言わないで問題解決したことがあるかどうかだと思います」

世間では大人のいない国などと揶揄されている日本ですが、では大人とは何なのか?と問われると、自信をもって答えられる人は少ない気がします。

そして、それなら昔は日本に大人がいたのか?という疑問を持ちます。もし大人がいたなら、どうして多くの庶民を犠牲にするような戦争を何度もしたのか?そして原発を作り続けたのか?という疑問が出てきます…。

人は機械ではないですから完璧な人はいないと思いますし、人の本質は数十年で変わるものではないと思います。

ゆえに、支配層に都合の良い大人という概念に縛られるのではなく、人を大切に扱う風土・庶民が豊かに暮らせる社会を生む社会環境整備が不可欠。

子ども時代に子どもらしい性格・生活を享受させなければ、年齢を経ても大人になれない人が続出するのは当然かと。人格形成を鈍化させるような教育は止めて、年齢に見合った経験を積み重ねられる社会になってほしいと思います。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。人生を好きにいられるように自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link