ぺんぎんメモ

sponsored link

数世代に渡って庶民の心を病ませる「戦争」

time 2017/03/01

現在、日本政府の上層部や各国の軍需産業は、戦争をして武器を使いたくてしょうがない様子です。でも戦争は建物や自然環境を破壊するだけでなく、庶民の命・心・生活環境・自由・その後の人生なども根こそぎ奪い取る、凄惨かつ非人道的なものです。

にもかかわらず、世界の支配層や軍需産業にとっては、戦争をすれば莫大に儲かるだけでなく人口も大幅に減らせるので、嘘の演出?をしてまでも定期的にやろうとします。

戦争経験者は、思い出したくない辛すぎる経験のために、戦争について表立って話すことは少ないものですが、いかにおかしなものか、二度としてはいけないものか、どれだけ庶民の生活を壊すものか、を話してくれる人もいます。

そういう人々から話を聞くと、戦争がただその時代の傷に留まらず、数世代に渡って人々の心を傷つけるものになっていることが分かります。

加藤諦三氏の著書を読んで 日本人の多くは神経症

「愛着障害」によって傷つきやすい日本人

貧しい日本「人を大切にしない風土」奴隷のように労働者を扱う企業

でも書きましたが、上記の原因はもともと存在する日本列島の生活環境以外にも、戦争で受けた傷もあると思っています。そして、それが子どもや孫など後々の世代にまで、マイナス影響を及ぼしているとも考えています。

現在、日本政府は国民を管理・統制するような法律を制定したり、軍事費を増やしたりしていて、戦争をやる気満々な気配がします。そんな戦争しようとする人々が首相として、アメリカや裏組織に操られながら存在していることも怖いですが、そういう考えの人を選んでしまう庶民の思想も恐ろしく感じます。

これ以上日本人に傷を負わせないためにも、戦争しない方向へと自発的・積極的・能動的に進もうとする庶民が増えて欲しいものです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの30代。日常、旅、価値観の記録。移住、早期リタイア を目標に生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link