ぺんぎんメモ

sponsored link

「秋田グルメ」美味しかったもの2つ

time 2017/03/21

秋田県は米どころとして有名な県ですが、水も綺麗なため日本酒も美味しいところです。秋田美人といわれるように、秋田市内を歩いていると年齢を問わず美しい人を多く見かけました。

今回は、そんな秋田で美味しかったものが2つあったのでご紹介したいと思います。秋田市と男鹿市へ行きましたが、特に秋田市内で食べたものに感動しました。

 

1、稲庭うどん

1つ目は、秋田駅に近い西武百貨店地下レストラン街にあった「佐藤養助」というお店の稲庭うどん。麺にコシがあり非常に噛みごたえがあって美味しかったです!

麺自体は細いのですが非常にボリュームがありました。そのため、シンプルな味付けよりもしっかり味が付いたメニューの方が最後まで飽きずに食べられると思います。都内にも数店舗あるようなので、また食べてみたいです。

 

2、きりたんぽ鍋

きりたんぽ鍋はそれまで数回食べたことがあったのですが、秋田で食べたのは初めてでした。

それまではあまり美味しいという印象がなかったのですが、今回「秋田きりたんぽ屋」という駅前のお店で食べて初めて美味しいものだと知りました。

秋田美人のお姉さんが目の前で説明しながら作ってくれたきりたんぽ鍋は本当に美味しかったです!きりたんぽ自体が作りたてなのと、出汁が良いというのがポイントかもしれません。

帰り際に秋田きりたんぽ音頭という歌の歌詞をくれました♪ 歴史が詰まった美味しい名物は時代を経ても受け継がれていくのでしょう。ぜひ秋田に行かれた際は、秋田駅周辺で名物料理を堪能してみてください♪

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。