ぺんぎんメモ

sponsored link

役に立つかどうか考えるより「とりあえずやってみる」

time 2017/04/23

経済優先社会では、多くのことを費用対効果で考えようとします。

ただ、費用対効果を基準に行動するようになると、割りに合わないことや役立ちそうにないことはやらなくなります。

そしてそれがプライベートの領域にまで入り込んでいくと、興味関心範囲が狭まり、何も知らないうちから行動・挑戦しないことが増えていく気がします。

また同時に、物事への挑戦基準が「役に立つかどうか」になると、役に立たないと思われることが実は役に立っていても、「意味のないことだ」と判断されてしまい見えなくなるものがあると思います。

例えば、家事や趣味においては人それぞれ脳・体・生活様式が違うため、役に立つかどうかは価値観によって異なるはずです。

特に趣味の場合は、自分に合わないと思ったらやめて、無理してまで続けません。

とりあえずやってみて合わなかったらやめればいい、という感じで挑戦する方が、自分に合うものに出会える気がします。

何でも始めたらある程度は続けることが大事と言われますが、それは1つの価値観に過ぎません。そういう考え方もあるというだけで、全てそうあるべきというのはちょっと違う気がします。

同時に「やったからこそ合わないと分かった」経験が、もっと尊ばれる社会になればいいなあと思います。

価値観が多様化したと言われていますが、まだまだ多様化には程遠い状況じゃないかなあと感じています。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。