ぺんぎんメモ

sponsored link

有料ごみ袋を節約するために

time 2017/03/15

現在住んでいる場所は不燃ゴミと可燃ゴミを捨てる袋が有料です。プラスチックや資源ごみ、古紙、段ボール、缶、ビン、ペットボトルは有料ではありませんが、かさばる生ごみを含む可燃ゴミが有料なのは結構大変です。

実家のある西日本では、プラスチックまでもが有料ゴミになっている所も多く、市町村によってゴミ分別の仕方が違うようにゴミ袋の有料か否かも全く異なります。調布市も有料でしたが府中や世田谷は無料でした。

公営ギャンブルや法人税などで税金が潤沢にある市町村では、住民税が安いだけでなゴミ袋も無料である場合がほとんどです。現在住んでいる市町村はそうしたものがないゆえに有料化しているのでしょう。

有料ゴミ袋のサイズはいくつかありますが、普段よく使っているのは10リットルです。10リットル×10枚で200円なので1枚20円というこの有料ゴミ袋。もったいないので毎回パンパンにして破れてもガムテープで補修して捨てています。

夫はその光景を見て閉口し20リットルのゴミ袋を使うように諭してきますが、淡々とかわして?10リットルのものを使い続けています。また、夏場は生ごみの臭いや衛生面の懸念から5リットルのゴミ袋を使ってこまめに捨てるようにしています。

海外へ行くと収集されていないゴミが散乱した光景を目にすることが多いので、日本のゴミ収集頻度は他国に誇れるシステムだと思います。

もちろんゴミ袋が有料なのは喜ばしくありませんが、住民が行政システムを監視する中で余計な税金を使われていない状況下で有料化しなければならないとするならば、有料ゴミ袋でも仕方ないと思わざるを得ません。

今後も、ガムテープで補修しながら詰め詰め状態にして有料ゴミ袋を使い続けます。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。