ぺんぎんメモ

sponsored link

何事も「バランス」が大事

time 2017/03/21

誰でも自分の生き方を正当化したいものですが、だからといって他人の生き方を否定することには違和感を覚えます。

「他人の生き方を認めてしまうと、自分の生き方が間違っていることを認めることになる」という考え方もあるかもしれませんが、「他人の生き方も認めて自分の生き方も認める」という考え方もあります。

自分に自信がなかったり、他者との距離感が近かったりすると、相手を認められない場合が多いようです。それは、他人を認める精神的・金銭的余裕がないためなのかもしれません。

菜食主義者が肉を食べている人を非難したり、他民族が昔から食べている食事(動物)をおかしいと批判したり等、傾倒する思想とは反する人々を見下す人々は世界中に大勢います。

でも、「何かに偏った人・社会は、他の多くの場面においても偏った思考になりがち」です。そして、それは差別的・閉鎖的・排他的・過激的な風土をつくり上げる気がします。

偏った価値観をもつ社会は、本当の意味での成長・発展を行えずに廃れていくことが多いのではないでしょうか?逆に、様々な価値観を包括できる社会は、いつまでも成長・発展していく可能性が高いと思います。

そんな訳で何事もバランスが大事であり、「バランスの良い行動は、様々な面で良い影響をもたらす」と思っています。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。