ぺんぎんメモ

sponsored link

「絆」「人と人との繋がり」という言葉が苦手

time 2017/03/23

東日本大震災後から、「絆」という言葉が多用されてきたように感じています。良い意味で用いられるこの言葉ですが、語源は「犬や馬などの動物を繋ぎとめておく綱」であることを知っている人は少ないのではないでしょうか?

つまり、絆には「繋ぎとめて離さない」という意味があるのです。日本社会は個人よりも社会や共同体を優先してきた歴史があるため、「繋ぎとめて離さない」論理もまかり通ってきたのだと思っています。

確かに、この「繋ぎとめて離さない」=「絆」の論理のおかげで、閉鎖的・偏狭的な社会や共同体でも、生き残れた場合も多かったことでしょう。

でも、その社会や共同体において弱い立場の個人は、常に辛く苦しい立場に追いやられている場合が多かったわけです。それは日本だけでなく、インドやヨルダン、トルコなど女性が非常に低い地位の社会でも同様です。

女性に生まれたがために・身分が低く生まれたがために、人間として尊厳のない扱い・生き方を強いられる社会が今もあるのです。

また「絆」と同様に、「現代は人と人との繋がりが希薄なので、過去のコミュニティや共同体を取り戻す必要がある」という内容も震災後は頻繁に耳にしました。

しかしながら、「人と人との繋がり」を取り戻そうとする流れは間違っていると思っています。それは、良い面だけでなく良くない面も多くあると思うからです。

皆が貧しかった時代・価値観が画一化された時代においては、そうした「繋がり」を重視するのも良いかもしれませんが、現代はそうした時代ではありません。価値観・生活スタイルが多様化している最中であり、庶民の多くは肉体的・精神的な負担が激増しているように感じられます。

そんな状況で「人と人との繋がり」は、心労・ストレスを増やし精神病患者を増加させるだけに思えてしまうのです。

全国各地にある巨大なパチンコ・スロット屋が、いかに人との接触を避けたい人が多いかを物語っています。1人カラオケ・1人焼肉・1人居酒屋・1人外食・1人旅などが流行る背景には、多くの人が人との接触を可能な限り避けたいと思っていることを表していると思っています。

「絆」や「人と人との繋がり」が無くなっているのは、庶民の多くが奴隷のように学校・職場で酷使され、がんじがらめに管理されてきた結果ではないでしょうか?にも関わらず、現状にそぐわない流れを推進しようとするのは時代錯誤だと思います。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。