ぺんぎんメモ

人と会うと疲れるのは心が病気なのかも

time 2017/04/12

これは、数年前に感じていたこと。

今は気力が戻ってきているので、人に会って疲れるという感覚はありませんが、以前は他人と話しながら少し歩いただけでも相当疲れました。

とにかく何をするにもエネルギーが不足していて、誰かと話すのも言葉が出てこず、料理をするのも食べるのも億劫で、新しいことを生み出す気力自体が著しく不足していました。

それはそれまでの仕事における激務が原因だと思うのですが、退職後数か月間は全く気力が戻りませんでした。そして新しい職場に就職しても、気力が持たずにすぐに辞めてしまうことが何度か続きました。

運動をしても寝ても気力が回復せず、「一体何が起こったんだろう」と自分でも怖くなったものです。とりあえず、その時好きなことをしながらよく食べてよく寝る生活をできる範囲で続けていきました。

そんな生活を半年間ほど続けた頃だったか、体が元気になってきた感覚があり、心も色々なことに興味・関心がわくようになっていました。それまで長期間気力がない状態が続いていたので、自分でも信じられないほどの変化に感じたものです。

その後、徐々に新しいことを生み出す気力が戻っていきました。

そして今は完全に回復して、気力があるとはこういう状態だという感覚を噛みしめています。もちろん、人に会っても疲れにくいです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]



アーカイブ