ぺんぎんメモ

sponsored link

いくら体に良くても美味しくないと続かない

time 2017/05/06

世の中には「体に良い食べ物」として多くのものがあります。しかし、例えそれがどれだけ体に良いものでも美味しくなければ続けられないことも事実です。

美味しくない物を無理して食べたところで、逆に気分が悪くなり体調を崩すようなこともあります。

それゆえ結局は、その人が求めている食べ物を摂取するのが1番体に良いのだと思います。

もちろん、トランス脂肪酸まみれ・人工甘味料まみれ・保存料まみれ・着色料まみれ・化学調味料まみれの食べ物を「体が求めているから」と摂取し続けたら体には悪いでしょう。

でも例えば美味しくない健康食品や栄養があるといわれるものを無理に食べ続けても、実はあまり体に良くない気がします。

それは、栄養があるものでも食べ過ぎれば体に有害になる可能性があるからです。

要はバランスが大事で、少しずつ色々なものを摂取することが大切なのだと思います。

昔から日本人が摂取してきたものを中心にバランスよく食べていれば、例え後々何かしらの食品に危険があったと分かっても、被害を最小限にできます。

それに、大手メディアでわざわざ「健康に良い」と謳っているものは何だか信じられない気がしませんか?

その情報を大手メディアで流すためには、その番組やCMにスポンサーが付くための多額のお金が必要です。

そんな大金を払ってまで大手メディアで情報を流す必要があるのは、その「健康に良い」と言われてるものが販売不振なのかな?と思ってしまいます。

ちょっと話が脱線しましたが、体に良いものでも美味しくなければ続かない食べ過ぎれば体に悪い、「健康に良い」と大手メディアで言われているものは信用できないと強く感じてしまう日々です。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。自由に生きたい。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。