ぺんぎんメモ

sponsored link

MY遊バスで行った「桂浜」と「高知県立坂本龍馬記念館」

time 2017/03/30

高知市内には観光名所が数多くありますが、最近行って感動した「桂浜」と「高知県立坂本龍馬記念館」について紹介したいと思います。ちなみに、3月にもかかわらず日中の気温は11度と、南国土佐とは思えない寒さで驚きました。防寒対策をしっかりして観光するのがオススメです。

桂浜と坂本龍馬記念館へ行く前に、JR高知駅前にある「とさてらす」という観光案内施設へ立ち寄ります。ここは一般的な観光案内施設とは違って、非常に充実したお土産屋さんがある他、高知の歴史に関する展示品が目白押しで、見どころ満載の施設になっています。

そして、重要なのがこれ。路面電車では行けない桂浜へは、「MY遊バス」というバスを使って行くのが便利なので、ここで「MY遊バス」の券を買っておきましょう。これはJR高知駅から出発して「桂浜」や「坂本龍馬記念館」へ行ってくれるバスで、この券を持っていると市内お土産物屋さんや観光施設で割引が受けられることもあります。とさてらす以外でも、高知市内ホテルで販売しているようなので、そこで買ってもいいかもしれません。

ちなみに、My遊バス自体はこんな目立つ外装なので「どのバスか分からない!」という事にはならないと思います。

JR高知駅からMy遊バスに乗ると、桂浜は終点なので、到着までは車窓からの景色を楽しんでいました。到着後、桂浜を眺める定番スポットへ行きましたが、観光客で大混雑!ですが、これまで写真でしか見たことのない美しい景色が眼前に広がり、感動&興奮でしばらく眺めていました。

そんな定番スポットから降りて砂浜を歩くと、また違った美しい景色があり、海風も気持ち良いので、いつまでも歩いていたい気持ちになりました。

海岸から少し上がった林の中に、有名な坂本龍馬像が。海岸沿いに建っていると思っていたので意外でしたが、実際に見るとかなり迫力があり、高知に来たんだなという実感が改めて沸いてきました。

続いて、「高知県立坂本龍馬記念館」へ。坂本龍馬記念館は桂浜から歩いて数分の場所にあり、かなり立派な建物でした。

館内には、坂本龍馬に関する様々な資料が所狭しと展示してあり、その全てが興味深い内容でした。

坂本龍馬が英語を学んでいた時代に使われていた和英便覧。

高杉晋作が上海で購入し坂本龍馬に贈ったピストルと同型のもの。

坂本龍馬像。

坂本龍馬記念館は見どころ満載なので、最後までしっかり観ていたら随分疲れてしまいました(笑) ただ坂本龍馬や歴史好きな人にとっては、興味深い内容が詰まっている施設なので、訪れれば満足する可能性が高いと思います。眺めも素晴らしく空気も気持ちいいので、また機会があれば行きたい場所です。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの30代。日常、旅、価値観の記録。移住、早期リタイア を目標に生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link