ぺんぎんメモ

sponsored link

砂糖の摂取量が減ると自然に痩せる

time 2017/04/16

私はもともとお菓子大好きの人間で、仕事中にはチョコレート、仕事帰りにはケーキ、帰宅後はスナック菓子・アイス等を食べる生活をしていました。

今はそんな生活とは無縁ですが、だからこそ言えることがあります。

それは「砂糖の摂取量を減らせば、自然と痩せる」ということ。

動いていれば痩せるというのは若い時の話で、代謝が落ちてくるとそうもいかなくなります(笑) きちんと食べた分だけ太るようになるのです。特に、背中と下半身には遠慮なく脂肪が付くようになります。

砂糖を大量に摂取していた頃に着ていた服は、今着るとブカブカですが当時はその服をピチピチに着ていました。それくらい砂糖は、体を膨張させる効果に満ちている食品だと思います。

砂糖にこだわって病気になりにくい身体をつくる」でも書きましたが、砂糖には体を冷やす砂糖と体を温める砂糖があります。また、精製された砂糖と精製されていない砂糖があります。

体を温め・精製されていない砂糖の方が体に良いですが、砂糖は砂糖に変わりないので摂取しない方が健康的。ただ、体を冷やす・精製された白砂糖は、多くの食品に含まれているので避けるのが難しいです…。

それでも、この白砂糖の摂取量を減らすことが痩せることへの1番の近道

私の場合、砂糖激減生活を半年ほど続けた結果、どっしりとした下半身や分厚い上半身が、目に見えて細く薄くなりました(笑) 特に服を着た時に痛感します、「これ前着てたときはピチピチだったのに」って。

お尻・背中が信じられないほどスッキリして、服の着心地がよいことよいこと(笑)。ただ太ももやふくらはぎは昔鍛えすぎたせいか?、あまり変化してません(泣)

そんなわけで、痩せるための手っ取り早い方法は砂糖を摂らないことに尽きると思っています。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。