ぺんぎんメモ

sponsored link

同性に嫉妬してしまう心理

time 2017/04/14

誰しも1度は、他人に「嫉妬」したことがあると思います。

自分とかけ離れすぎた人に対しては嫉妬しにくいそうですが、身近な人、特に同性に対しては嫉妬しやすいようです。その理由を考えてみたいと思います。

以下、私が過去同性に対して嫉妬してしまった時の心理状態。

  • 自分の価値観を理解していない
  • 自己肯定感が低い
  • 自己承認欲求が満たされていない
  • 自分は自分、他人は他人と思えない
  • 自分を認めて労うこと、足りない部分を自分で補うことができない
  • 自己顕示欲が強い

こうした心理状態では自己確立ができていないため、他者と自分を比較して自分の位置を知ろうとする傾向があるようです。

その結果、自分と嫉妬した相手の見える面だけを比較してしまい、相手の見えない面(努力や苦労など)を見ない結果、表面的な面だけで相手を判断してしまうため、嫉妬してしまうことになるようです。

あくまでも私の例ですが……。

一流アスリートに言わせると「嫉妬」はごく普通の感情らしいのですが、その感情を上手く扱える人が少ないため問題になるようです。人間関係をこじらせる原因にもなっていますもんね…。

ただ、一般的には多くの嫉妬は相手の表面的な部分を見ただけで起こっているので、相手が影ながら必死に努力・苦労していることを理解できれば、「嫉妬」という感情を自分の「努力」という感情に変えていけるのではないかと思っています。多分…。

嫉妬は、自己満足した生活を送っている人には縁遠い感情かと思われがちですが、人間誰しも欲があってそれによって成長・発展してきているので、自分の中でどう処理するかの違いだけで、多かれ少なかれ持ち合わせている普通の感情だと思います。

個人的には、無我夢中で努力している間は他人を気にする余裕自体がなくなるので、必死に努力している時は他人に嫉妬しないのでは?と推測しています。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らし。時々出稼ぎしながら移住・リタイアを目指して生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link