ぺんぎんメモ

sponsored link

コーラの発がん性を証明するあれこれ―生物化学兵器並みの危険

time 2017/03/30

幼少期から親に「飲んではいけないよ」と言われたものの1つに、コーラがありました。

日本で販売されているコーラは、アメリカで販売されているコーラよりも発ガン性物質が18倍も含まれているという発表(「NPO法人 食品と暮らしの安全」の協力団体であるアメリカの公益科学センター(CSPI Center for Science in the Public Interest))があります。

それは、コーラに含まれるカラメル色素を製造する過程で生まれる成分であり、発ガン性物4-メチルイミダゾール(4-MIと呼ばれています。

CSPIによると発ガン性物質4-MIのレベルは各国で異なり、ブラジルで販売されているコカコーラが最も汚染されていたそうです。日本のコカコーラは、355ml換算で72マイクログラムも含まれており、カリフォルニア州で販売されている4マイクログラムに対し約18倍も多い計算になります

CSPIは、カリフォルニア州でできるのなら、世界各国でも発ガン性物質の少ないコーラにすべきであると述べています。

コーラにはアスパルテーム等の有害物質も使われているので、コーラに使われている全ての原材料が人体に有害と言わざるを得ません。こんな危険な飲料は生物化学兵器です。

多くの人間にこうしたものを投与して、病気にさせて、医療費をふんだくって、儲けているのは、一部の企業ですからね。

あるサイトから興味深い内容を転載したいと思います(「http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11531375968.html」より)。

1. アメリカの多くの州において、高速道路パトロール隊は2ガロン (約7リットル) のコーラをトラックに配備している。これは高速道路での交通事故の後処理として、血痕を除去するために使われている

2.コーラの入ったボールの中に食用肉の骨を入れると、2日間で溶けてなくなる

3. トイレ掃除に
便器にコカ・コーラを一缶入れて、一時間放置し、その後トイレの水を流す。コーラに含まれるクエン酸が陶器製の便器のシミを除去してくれる。

4. 車のバンパーの点状さび跡を取り除く
アルミホイルをくしゃくしゃにまるめ、それをコカ・コーラに浸し、それでバンパーを擦る。

5. 車のバッテリー端子の腐食部分をきれいにする
ターミナル部分をカバーするようにコカ・コーラを注ぐと、泡が出て腐食部分がきれいになる。

6. 錆びたボルトを緩める
コカ・コーラに浸した布を錆びたボルトに数分間、つけておく。

7. 服に着いた油のシミを抜く
油の汚れのついた服の山にコーラを一缶ふりかけて、合成洗剤を加えていつも通りに洗濯する。コカ・コーラが油のシミを浮かせてくれる。
また、車のフロントガラスから見える道路状の景色が蜃気楼状に見えるのを防ぐ。

大事なポイント

1. コカ・コーラの中の有効成分はリン酸である。リン酸のpHは2.8で、この中に鉄の釘を入れておくと約4日間で溶ける見えなくなる。また、リン酸は骨からカルシウムを浸出させるため、骨粗しょう症発症率の上昇の主な原因となっている。

2. 濃縮コカ・コーラ原液を運ぶトラックには、高度の腐食性物質を運ぶ車につけられる「有害物質 (Hazardous material)」のプレートを付けなければならない。

3. コークの販売業者は、自社トラックのエンジンをきれいにするためにコーラを約20年間使い続けている。

コーラがこんな商品だなんて日本人のどれくらいの人が知っているのでしょう……。巷で普通に販売しているわけですから、危険を認知している人も少ないと思われますが。上記の事実を知って、今後もコーラには近づかなかろうと思うのでした。

 

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。