ぺんぎんメモ

「企業が求める人材」と「企業側の受け入れ体制」のミスマッチ

time 2017/04/02

過去、勤務していた会社で次々に人が辞めていく状況に直面した際、別の会社の人生の大先輩から「自分の器以上の人は雇えない」と聞きました。

新卒で入社した会社を3年以内に辞める割合は、高校卒・専門学校卒・大卒の順に高いそうですが、年々大卒の退職者が増加しているようです。

それは、人生の大先輩が仰るように尊敬できる経営者や上司が不足していること以外に、大学で学んだことが活かせない時代錯誤の企業体系をもつ企業が多いことが原因ではないかと思います。

大学などで「即戦力となる人材」になるための訓練が施されているにもかかわらず、企業側には「即戦力となる人材」の受け入れ体制がないのですから当然です。

第一、意味不明な過酷労働を強制されたり、時代錯誤の悪習が残っていたり、理不尽な人事異動でやる気をそがれたり、上層部のお気に入りが優遇されたりする状況を見ていれば、例えミスマッチでなくても辞めざるを得ない精神状態になる気がします。

とはいえ、会社員であれば代わりはごまんといる訳なので、別に退職者が続出しようが、現場が困るだけで上層部は痛くも痒くもない訳です…。倒産して現実を直視するまではw

そんな訳で、閉鎖的村社会の日本企業では、求める人材を採用してもその企業自体に受け入れる器がないと、採用した大半の人が辞める現象は止まらないのでしょうね。結局のところ、「自分の器以上の人は雇えない」のかもしれません。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]



アーカイブ