ぺんぎんメモ

sponsored link

結婚内祝いは「カタログギフト」でも失礼じゃない

time 2017/04/02

結婚時のお祝いは断っていましたが、それでもお祝いを頂くことがありました。

そうするとしなければならないのが、お返し!

そんなとき、我が家では相手によってお返しの品を変えるようにしていました。

例えば、

  • 会社の後輩、友人、親戚 → 選べる「カタログギフト」
  • 夫の会社の上司 → ネットで美味しいと評判の「日持ちのする高級食品(お菓子以外)」

という風にです。

たいしたお返しの数でなかったのでそうやって選べたのだと思いますが、膨大な数だと手に負えないかもしれません。

ちなみに、「カタログギフト」は失礼に当たるという意見もありますが、それは相手によると思います。

また、結婚は永久のものだから食品などの「消え物」は非常識だという考え方もありますが、「高級に見えず・日持ちがして・非常に美味しい高級食品」であれば喜ばれることも多いです。

それは、巷で高級ともてはやされている食品の多くは、あまり美味しくないものが多いことと、高級に見えなくても素材が良くて高級になるものも多くあるためです。

そうしたものを事前にネットなどでいくつか探しておくと、気の利いたお返しとして喜ばれると思います♪

現代では、使われず消せない物よりも「消え物」の方が喜ばれるようになっています。

それは、趣味に合わないものや使用しないものであれば、せっかくもらっても結婚に関する品がゆえに、捨てられないからです。

とはいえ、相手によっては「消え物」や「食品」は失礼と感じる場合もあるようですから、相手の生活環境や好み、考え方を考慮して選ぶのが結果的には1番無難だと思います。

つまり、お返しのベストな決め方は、事前に夫や親族、周囲の人に相談すること!なのかもしれません。

忙しい中でお返しを考えるだけでも疲れてしまいますが、少しでも相手を思いやった気持ちの伝わるものを送れるといいですね♪

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。