ぺんぎんメモ

結婚内祝い「カタログギフト」でも失礼じゃない

time 2017/04/02

結婚祝は断っていましたが、それでも頂くことがありました。するとしなければならないのがお返し。我が家では、相手によってお返しの品を変えていました。

例えば、

  • 会社の後輩、友人、親戚 → 選べる「カタログギフト」
  • 夫の会社の上司 → ネットで美味しいと評判の「日持ちのする高級食品(お菓子以外)」

という風に。

ただ、これも返す相手が少なく、時間に余裕があったからできたこと。膨大な数ともなれば、失礼は承知の上、頂いた金額によって事務的に選んでお返ししていたと思います。

でも、相手が難しそうな人の場合には、夫や親戚に「〇〇さんはこういうお返しでいいか」聞いてから、お返しした方が無難かもしれませんね。

ちなみに、「カタログギフト」は失礼に当たるという意見もあるようですが、それは相手によると思います。今どきのカタログギフトは充実した品揃えですし、価値観が多様化している現代では、不要な物をもらうよりも喜ばれると思います。

また、結婚は永久のものだからと、食品などの「消え物」は非常識だという考え方もあるみたいですが、「高級に見えず(相手が気を遣わない)・日持ちがして(相手が食すのを急がせない)・非常に美味しい高級食品(喜ばれやすい)」なら喜ばれるため、一概には言えません。

そうしたものを事前にネットで探しておくと、気の利いたお返しとして喜ばれると思います。

忙しい中での結婚のお返しは考えるだけでも疲れますが、今後カタログギフトでのお返しが定番化し、そこにかける時間と労力が減って、女性側の負担自体が激減して欲しいものです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]

アーカイブ