ぺんぎんメモ

千鳥ヶ淵の桜の見頃は絶景

time 2017/04/07

週末天気が崩れるということで、昨日千鳥ヶ淵へ桜を見に行ってきました。平日にもかかわらず物凄い人でしたが、それも納得の美しさでした。

千鳥ヶ淵へはメトロ半蔵門線の九段下駅・半蔵門駅どちらからも行けるのですが、今回は半蔵門駅から行きました。この時期は都内の大学入学式と重なるので、武道館に近い九段下駅は混むと思ったのです。ちなみに、半蔵門駅5番出口を出ると千鳥ヶ淵への案内が分かりやすく出ていました。

ゆるい坂を上って少し歩き、右に曲がると千鳥ヶ淵が見えてきます。案内があるので、それに従って行けば大丈夫です。

半蔵門駅から歩いて5分、ソメイヨシノなど約430本の見ごたえある千鳥ヶ淵緑道が見えてきます。

横断歩道を渡ると写真を片手に花見をする大勢の人が。

満開といっても良いような咲き具合。青空に桜が良く映えます。

千鳥ヶ淵の桜は以前にも見に来たことがありますが、毎回すごい人です。

満開の桜は美しすぎて、見飽きることがありません。

ボート乗り場も大混雑。

何度か来ているとはいえ、こんな満開の桜を見たのは初めてかもしれません。雨風で見る前に散ることも多いですからね。

今回は天候に恵まれたおかげで存分に花見ができました♪

そういえば、九段坂公園内に大山巌像がありました。九段下駅に向かって歩いていたら、右手にいきなり現れて驚きました。

帰宅してネットで調べたら、元々国会議事堂前の尾崎記念公園内にあったものを移したのだそうです。日露戦争時の陸軍大将(「明治時代の好きな人物5人」)ですが、靖国神社に近い場所に移したのは何か理由があるのでしょうか?

それにしても、今回見た千鳥ヶ淵の桜はトンネルのように連なり、素晴らしい見ごたえでした。狭い街道でベンチも少ないので、座ってゆっくり観賞という訳にはいきませんが、この時期だけの贅沢な景色を堪能でき大満足です。

ちなみに、街道沿いに飲食店はなく千代田区運営のさくらグッズ売場があるだけでした。桜を見ながら飲食するなら、事前準備が不可欠でしょう。

おむつ交換所・授乳所、救護所なども設置されていました。

そんな訳で、ものすごい人混みでしたが、桜の名所で満開の桜を見る機会はそうそうないので、とても貴重な思い出になりました。鑑賞する時期が限られる桜ですが、できるだけ足を運んで今後も見続けたいものです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]



アーカイブ