ぺんぎんメモ

sponsored link

吉原から興津までの22.4kmを歩いた①【東海道を歩く】

time 2017/04/19


沼津から吉原までの18km」を歩いて昨夜は「ホテル比佐志別館」に泊まったので、今日はここから興津(興津の宿泊場所)まで歩きます。朝食はホテル食堂でのバイキング。年を重ねた感じの良いお姉さんが、美味しいお惣菜を勧めてくれました♪

写真がブレていてすみません…品数は少ないですがどれも美味しくて満足♪しっかり食べてエネルギーチャージして、いざ出発!

歩き始めてすぐに満開の桜を発見!天気も良いので桜も映えます。

8時半に出発したのですがすでに暑い…。4月で最高気温22度は良くないと思います。農産物直売所がやっていましたが、横目に見ながら黙々と歩いていきます。

青島という交差点で、東海道が国道139号線から県道396号線になります。関係なく西へ西へと東海道を歩き進めていきます。

大通りですが歩道が狭い。足元に気を付けながら歩いていきます。

少しして川原宿の交差点がありました。県道沿いなのでコンビニも豊富で、トイレにも困りません。

再び間の宿がありました。吉原宿と蒲原宿の中間の休憩地点になっていた所で、多くの茶屋や旅館が立ち並んでいたそうです。間の宿でも旅館があったんですね。

平日の昼間にもかかわらずシャッターが下りていますが、普段は賑わいのある商店街のようです。

通りの名は、富士本町通り。

ひたすら396号線を西へ西へと進んでいきます。

道の左側に「明治天皇御小休所」という石碑が表れました。今までも東海道や西日本各地の行く先々で、明治天皇の存在を異常に認識させたいような石碑が建っていましたから、「またか」という感じです。

そうこうしながら歩いていると、水神社(すいじんじゃ)という神社が道の向こうに見えました。神社の奥に見えるのは、水神の森という森だそうで安全を祈願し水神社を祀っているとのことです。

標識に「水神社と渡船場」(すいじんじゃととせんば)との記載があります。江戸時代、東海道を東西する富士川を渡るには渡船を利用していたそうです。これは、富士川が急流であることや水量が多いことと、幕府
を開いた徳川家康の交通政策によったことが影響しているようです。

それでは富士川にかかっている富士川橋を渡っていきます。

大きい川のうえに流れも速いので、上流付近でないと渡るのは大変そうです。富士川は、山形県の最上川、熊本県の球磨川とともに、日本三大急流の一つに数えられているといわれています。

川沿いの富士市は度重なる洪水による災害が多発していたため、1615年から古郡重高・重政・重年の父子3代が、1674年の完成まで50年以上の歳月を費やし、水田を富士川の洪水被害から守るために「雁堤」と呼ばれる全長2.7kmに及ぶ堤防を完成させたそう。すごい一家ですね。その後、「加島五千石」と呼ばれる水田を加島平野(現在のJR富士駅周辺の一帯)に造成したそうです。

橋を渡ったら左に曲がります。橋の上は寒いほどの風が吹いていましたが、それまでが暑かったのでちょうど良い感じでした♪

県道396号線沿いにはコンビニがなくトイレに困ったため、富士川ふれあいホールにてお借りしました。人は少なく座って休めるスペースもありました。

東海道線を左にして、再び歩きます。

ようやく静岡市に入りました!

道の右側に「古蹟 源義経硯水」と書かれた石碑が建っていました。1174年、かってこの地域を掌握していた蒲原氏という人の館に泊まった源義経が、祈願文をしたためる際に墨をするため汲んだ湧水を「義経硯水」と呼ぶようになったとの事です。

新蒲原駅を過ぎていきます。

少し歩いてから、蒲原宿(かんばらじゅく)に到着しました。旧東海道に案内板がありました。

住宅街の中にキレイに収まっている感じです。

蒲原宿西木戸と書かれた石碑も。

静岡県内の旧東海道沿いでよく見かける標柱もありました。これを見るとなんだか東海道を歩いている感が増します(笑)

お昼は「bloom by 3rdplace(ブルーム バイ サードプレイス)」というお店で食べました。幅広い年齢の女性に人気のお店のようで、平日にも関わらず子ども連れの女性や女性2~3人のお客さんがたくさんいました!

ランチタイム限定の、メイン料理+サラダ・自家製パンの食べ放題+ソフトドリンクの飲み放題の1300円というセットを注文。だいたい皆それを注文していたようです。そんなに食べられないと思ったのですが、後半も歩くのでしっかり食べました♪店内も温かい雰囲気で店員さんも感じが良く、食事も美味しかったでのここで食事して良かったねと夫と話しました。

さて、エネルギーをチャージしたらまたまたしっかり歩きます。由比まで3km!

そのうち、趣ある通りに景色が変化してきました。高い建物もなく、歴史のありそうな建物が並んでいました。

蒲原駅を通りすぎていきます。そういえば、吉原あたりからサークルK以外のコンビニをあまり見かけなかったのですが、地域性でしょうか?

緩やかな上り坂を進みます。

一里塚跡を発見。

歩道はないですが車の通りも少ない道になってきて、歩きやすいです。

「御七里役所之址」と書かれたものが。江戸時代、西国の大名には江戸屋敷と領国の居城との連絡に、七里飛脚という直属の通信機関を持つ者があったそうで、ここは、紀州徳川家の七里飛脚の役所跡になっています。

同家では江戸和歌山間584キロに約七里(28キロ)毎の宿場に、中継ぎ役所を置いて5人1組の剣道弁舌に優れた飛脚を置いたそうです。腰に刀と十手を差して御三家の威光を示しながら往来したといわれています。

歩き終わってからこうして記事にするのに、随分時間がかかってしまっています…。由比宿以降は次回~!

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。