ぺんぎんメモ

sponsored link

「野菜を使った常備菜」根菜類を大量摂取

time 2016/08/24

%e3%81%8d%e3%82%93%e3%81%b4%e3%82%89%e3%81%94%e3%81%bc%e3%81%86

定期的に野菜を使った常備菜を作っていますが、常備菜を数品用意しておくだけで栄養のバランスも摂れて、食事の用意も楽になるのでかなり助かります。

特によく作るのはきんぴらごぼうで、味付けをピリ辛にすると飽きずに食べられるほか、食物繊維が豊富なのでお通じにも良い常備菜です。れんこんバージョンで作ることもありますが、どちらの場合も冷凍保存できるため、たくさん作って冷凍保存することが多いです。

%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3

あと時々ピーマンのおかかあえも作ります。ピーマンを細切りして醤油、お酒、みりん、てんさい糖と一緒に炒めて最後におかかと和えるだけの簡単常備菜です。ピーマンは緑よりも赤の方が栄養価が高いので、適当な産地があったときに作っています。

%e9%bb%92%e8%b1%86

また甘さ控えめ黒豆も便利です。少々手間はかかりますが、一回煮ればかなりの量が出来るので重宝します。ただ砂糖を使うので作る頻度は低めですが…。

(冷凍保存)

  • 人参(千切り)
  • ニラ(3,4センチの長さにカット)
  • いんげん(茹でて3,4センチの長さにカット)
  • スナップえんどう(筋をとって茹でる)
  • 小松菜等の葉物(茹でて3,4センチの長さにカット)
  • ブロッコリー(茹でる)
  • 里芋(茹でて皮をむいてカット)
  • にんにく(皮をむいてカット)
  • 生姜(皮をむいてカット)
  • かぼちゃ(3~4cm角にカット)

常備菜以外にも幅広い料理に使える上記の野菜は、購入後すぐに茹でたり好みの大きさにカットしたりして、冷蔵・冷凍保存するようにしています。

大量に冷凍保存しているので常に冷凍庫がパンパンですが、冷蔵庫の機能的にはそのほうが良いらしいので、冷蔵庫はゆとりを持ちながら冷凍庫は満杯の状態を維持しています。食材を無駄にせずに使い切るために、今後も常備菜作りと購入後の保存処理は続きます。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの30代。日常、旅、価値観の記録。移住、早期リタイア を目標に生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link