ぺんぎんメモ

sponsored link

藤沢市の予算編成で一般会計財源の約1割が市債

time 2017/04/19

市の広報が配られたので見てみると、一般会計の歳入の10%が市債で賄われていることが分かります。たった一割かと思うかもしれませんが、毎年この借金をしながら財政を運営しているなんてハッキリいっておかしいと思います。

借金する必要があるのならまず歳出を削るのが先ですよね。今後少子化で税金を払う人口が減るというに。

1960~70年代に国債・地方債の発行を可能にしましたが、あれらがいまだに禁止だったら何千兆円もの借金を背負うこともなかったのかなあと無意味に考えてしまいます。とはいえ、当時は戦争でボロボロになっていたから仕方なかったのでしょうが。

それでもリーマンショック以降徐々に地方債は減っているらしいのですが、その分国債の発行を増やしているので無意味のような…。

ちなみに、現在多くの中小企業で(大企業もかな?)、

仕事が無くなるから新しいシステムを入れない

→新しいシステムを入れないから効率化しない

→効率化しないから残業が減らない

→残業が減らないから自由な時間がない

→自由な時間がないから考える気力がない

→考える気力がないから何でも人任せ

のような状況になっていると思います。おそらく、どこでも「わしの仕事は渡さん!」みたいな感じで、仕事(縄張り)を必死に守っているのでしょう。

民間企業でそんな状況なので、各自治体では、

自分の部署(縄張り)の予算が無くなるから効率化を考えない

→効率化を考えないから仕事は減らない

→仕事を減らそうとしないから毎年予算は増加

→各部署で予算が増加するから膨大な予算となる

→膨大になっても自分のお金ではなく税金だから気にしない

→気にしないから国債発行増加

詳しい内部事情は知らないのであくまでも勝手な予測ですが、これだと地方債・国債の依存体質は抜けないでしょう。とはいえ、市民として・県民として・国民として払う税金が増加しているので大問題です!

一般会計の予算の内訳をみると、こんな感じ。公債費払い過ぎじゃないかな?借金財政の余波が大きすぎますね…。自治体の中には、将来の財政まで考えて予算編成を組んでいる所もあるようですが、きちんと考えている自治体は少なそうです。

ちなみに、藤沢市では市税1,000円当たりの使い道が掲載されています。こういうのは、分かりやすくていいですよね。公債費(借金返済費)が無ければ、民生費や教育費に回せるのに…と思ってしまいますが。

ちなみに、特別会計も一般会計と同じくらいの規模で運営されています(約1400億円)。1つの自治体で、3000億円近くのお金が年間動いていると思うとすごいです。

どちらにしても、一般会計1500億円のうち市債が10%って良くないですから、徐々に減るように工夫して欲しいものです。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。