ぺんぎんメモ

sponsored link

ふじさわ交流館に行ってきました

time 2017/05/06

藤沢駅北口から歩いて約15分の場所にある、「ふじさわ宿交流館」に行ってきました。昨年オープンしたばかりという施設はこじんまりとしていてちょっと物足りなさを感じましたが、興味深い資料もあり、行って良かったと思いました。本音を言うと、もう少し展示内容を充実してくれるといいなあという感じですが。

ちなみに、施設は2階建てになっていて、多目的ホールや会議室などが主な施設で、藤沢宿に関する資料展示は1階部分のほんの一部です。とはいえ、トイレを借りられるので休憩所として利用するのに便利です♪

興味深い資料というのは、東海道を歩いていた旅人が携帯していた旅行用品についての展示物です。ちなみに、こちらはお弁当箱。江戸時代は、こんなお弁当箱が使われていたんですね!旅行中のお弁当は頑丈で軽いものが選ばれたそうです。お弁当文化は江戸時代にもあったんですね、何だか嬉しい。

提灯や方位磁石も欠かせない道具だったようです。七つ道具(はさみ、小刀、ものさし、耳かき、毛抜き、コンパスみたいなもの、千枚通し)なんてのもありました。この他にも、矢立、扇子、糸針、懐中鏡、日記手帳、くし、鬢付け油、ろうそく、火つけ道具、懐中付け木、麻綱、印判、枕などを携帯していたようです。

江戸時代の枕も興味深かったです。何となくは知っていましたが、まげが崩れないように首の下に枕を当てていたものがこんなに硬そうなものだったとは。かなり寝にくそうです!寝返りなどは打てそうにありません。引き出した付いた枕は貴重品を入れておくのに使われたそうです。それにしても、今以上に大荷物ですよね。これで15日間も長く険しい道のりを歩くのですから、昔の人はかなり体力があったんだなあと思います。

ちなみに、ふじさわ宿交流館のすぐ裏手には、大きくて立派なお寺「遊行寺」があります。以前、東海道を歩いた際に通りすぎてしまい観光できなかったのですが、今後ぜひ足を運んでみたい場所です。

交流館から藤沢駅寄りの藤沢橋交差点付近には、「藤沢橋自動車排出ガス測定局」があります。ここは一見すると、藤沢宿に関する施設かな?と思うのですが全く関係ないのです(笑) 景観への配慮でこんな外観となっているみたい。

とはいえ、建物正面には藤沢宿に関する説明が書かれた案内版があります。

この場所から小田急線藤沢本町駅の間には、藤沢宿に関連する建造物が集まっているようなので、涼しい季節に1つ1つ訪ねてみても良いかもしれません。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。