ぺんぎんメモ

sponsored link

歩き疲れたローマ観光「コロッセオ」入口大混雑

time 2017/05/30

フォロロマーノから道に迷いながらやっと辿りついたのが、有名な観光地「コロッセオ」です。

入り口付近は大混雑で、暑さもあって入場する前から疲れました(笑)入口もどこか分からず迷いましたが、何とか入場できて一安心♪ローマパスを持っていたおかげで、並ばずスムーズに入れました。

コロッセオは約2000年前に建てられた円形闘技場。約5万人を収容できたといわれ、皇帝がローマ市民に娯楽を提供する場として、政治利用された場所でした。現在残っているのは、当時の姿の約3分の1にすぎないそうです。

5万人収容できる大きさとはいえ、外周は530mで1周20分もあれば観ることができます。ただ、風通しが悪く日陰となる場所が少ないので、帽子や水分を持参して休憩しつつ観光しましょう。

コロッセオはもともと宮殿であり、宮殿の池の水が抜かれてからコロッセオの建築が開始したそうです。高さはおよそ50mで、現代の建物の17階から18階に相当するといいますから、いかに2000年前のローマの建築技術が高かったかを感じさせられます。

地下には、戦う動物や剣闘士を収容していたといわれています。ローマ帝国の領土は北はスコットランド、南はエジプトまで広がっていたため、アフリカからはゾウやカバ、メソポタミアからはライオンなど、当時としては珍しい動物がローマに連れてこられたといいます。

動物や剣闘士がここから真上にあるステージに運ばれるにはリフトが使われていたといい、地下にはリフトの痕跡が今も残されているそうです。どうも、コロッセオには30機のリフトがあり、大勢の奴隷が巻上機を回してリフトを上下させていたのだそう。

コロッセオの観客席は皇帝、議員、騎士、市民、奴隷と身分によって分かれていたそうです。当時のコロッセオは大理石で装飾されていたそうで、大理石製の客席が一部残っているそうですが、確認できませんでした。ただいくら世界遺産でも、こうした場所にはあまり長居したくありません。

あまり居心地よくない空間でしたが、ローマの歴史を知るということで良い経験になりました。それにしても暑かった!

コロッセオの横には、コンスタンティヌスの凱旋門がありました。これは、コンスタンティヌス帝がミルヴィオ橋の戦いの勝利を記念し、315年に建てられたものだそうです。大理石製の巨大な門には、美しい彫刻が施されています。

残酷な歴史を持つコロッセオですが、歴史を知るうえでも1度は足を運んでみてもよいと思います。きっと、今の社会構造に通じるものを感じられるはすです。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。自由に生きたい。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。