ぺんぎんメモ

sponsored link

『アメリカの鏡・日本』の感想は「日本はアメリカに洗脳統治された国」

time 2017/06/16

ヘレンミアーズ(helen mears)というアメリカ人女性が書いた『アメリカの鏡・日本』。

最近ようやく読み終わりましたが、日本が歩んできた歴史をアメリカ人の視点から知ることができる貴重な本でした。少々驚愕の内容で重かったですが…。

そこに書かれている内容は、日本が突入した戦争・当時目指していた社会が、実はアメリカ自身が提示していた価値観そのものであり、その価値観をどの国よりも忠実に守ったのが日本だった、というものでした。

こちらも内容の重い本。本自体は薄いのですが、その衝撃的内容はにわかに信じ難いもの。GHQによる、日本列島に住む人間を都合よく操ろうとする思惑が知れます。

この本も、アメリカから日本への流れが強く影響していることを示すものだと思います。今もその流れに乗ったままだと思うのですが、この本を読むと日本列島に住み続ける未来にかなりの不安を覚えます。

とりあえず、2つの本を読んで思うのは「「テレビ」は観ない「大手新聞」は読まない」判断は大切だということです。

個人の判断は自由ですが、今より生きにくい社会にはなって欲しくないので、今後もできるだけアメリカからの流れには乗らずに生きていきたいものです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らし。時々出稼ぎしながら移住・リタイアを目指して生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link