ぺんぎんメモ

sponsored link

他人に依存しすぎる人

time 2017/05/08

世の中には、自分で決めずに何でも相談してくる人、調べればすぐに分かることでも人に聞く人(本当に些細なことでも何度も聞いてくる)、自分の都合を優先して相手を利用する人など他人に依存してくる人がいます。

そうした人の多くは、親との関係が上手く消化されておらず他人を束縛する傾向があるそうです。また、他者からの賞賛を異常に欲していることも多い(もちろんそうでない人もいますが)そうです。

確かに思い返してみると、依存的なタイプの人はそんな人が多かった気がしました。

付き合い当初は普通なのですが、付き合っていくうちに「ちょっと勘弁してほしい」と思うことが重なり距離を置くようになります…。

きっとそんな風になるのは、私にも原因があるからだと思います。ただ、私だけでなく他の人へも同様に接しているという場合も多く、相手が依存的な人なんだと割り切るようになりました。

ちなみに、どうして勘弁してほしいと思ったかというと、依存的な人は常に自分の都合を優先し、自分の意思を受け入れられないと善意を強調してこちらに罪悪感を持たせようとしてくることがあるためです…。

また、そうした人は「この人は自分が依存できる人だ」と感じた人間を離さないみたいで、かなりやっかいです。

そのため、連絡がきても取り合わないもしくは物理的に離れることで対処してきました。きっとそれ以外にも方法はあるのでしょうが、私ができるのはこれらの方法でした。

そんな対応を取るのは辛いことですが、それでもこちらが悩んでいることよりも彼らは自分が悩んでいることの方が何倍も大切だと思っているので仕方ないと思っています。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。自由に生きたい。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。