ぺんぎんメモ

高知城の天守閣と本丸御殿

time 2017/06/05

今年3月に行った高知城のことを書いておこうと思います。

高知城へは、JR高知駅から路面電車に乗って約15分「高知城前」で下車してすぐです。

「高知城自由の広場」という広場がある入口から高知城敷地内へ。

高知城は1603年に山内一豊が建てた城で、1度大火で焼失してしまいますが1749年に再建され、実に約400年の歴史を持つお城です。また、天守閣と本丸御殿が両方残る国内唯一のお城でもあります。

本丸御殿と天守閣へ。

ちなみに本丸の近くには、内助の功で有名な山内一豊の妻である千代の像がありました。

本丸御殿に入ってすぐの場所に、「功名が辻」で山内一豊の妻を演じた仲間由紀恵さんが着た衣装が飾ってありました。

ここ書院造の本丸御殿には、初代藩主の山内一豊夫妻が一時的に住んだと言われています。

武者隠といい、収納に見せかけて護衛の武士が隠れていた場所。

城・藩主を守るための仕組み1つ1つが興味深いです。

高知城の縮小模型。

天守閣からの眺め。

お城までの道のりもよく見えます。

下城していく途中、まじかで石垣を見ることができました。再建されてから250年以上が経過しているにも関わらず、頑丈に積まれています。石はひんやりと冷たかったです。

老朽化が歴史を感じさせてくれましたが、お城の見学は若くないと大変ですね…。

お城の敷地内には板垣退助像もあり、高知らしさを感じました。お城周辺には観光地が目白押しなので、高知城を起点とした高知観光がオススメです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]

アーカイブ