ぺんぎんメモ

sponsored link

子どもをバカにする親とは距離を置く

time 2017/05/21

今日の記事は、親との関係が上手くいっている方には不快に感じる内容であることをあらかじめ断っておきます。

親の中には、口では体裁の良いことを言っていても、心の中では自分たちより出来の良くない子どもを幼少期から見下している人もいます。

例えば、子どもに勉強を教えているときに「こんなことも分からないのか?」という言葉をかけたり、「こんなこともできないのか?」という態度をしたり。

やること・なすこと否定されていた子ども時代を送っていた人は、案外少なくないでしょう。

強制的に好きでない習い事をさせて自己満足に浸り、外面はいいけれど家では不機嫌である親は多いと思います。

子どもは親の期待に応えようと必死に勉強して結果を出しますが、求められるレベルが高すぎるために見下され続ける状態に…。どれだけ努力しても完璧しか認めない親が多いために、子どもは完璧でない自分を責めて、他に素晴らしい能力がある場合でも自信を失っていくケースが多いようです。

褒めなくても励まさなくても、せめてけなさなければ自信を失うこともないのでしょうが、親も親で多忙な日常生活で大変なために、自分の子どもにはきつく当たってしまうのでしょう。また、田舎では村社会的に、「家の評判・評価を下げる子どもは認めない」という感じなのでしょう。

そんな子ども時代を経験してしまうと、例え家を出た場合でも物理的な解放だけで精神的な解放は難しく、その後数年間・数十年間もしくは一生、親に見下された経験に縛られることがあるようです。

ただ、子どもを見下しバカにする人とは、たとえ親でも一定の距離を置くことが必要だと思います(人をバカにし軽く扱う人間は「心の中で切り捨てる」)。

それが自分が幸せになる方法でもありますし、好きに生活していくためには不可欠な選択です。そして、自分の周囲には好きな人がいてくれる環境をつくり、自分を大切にしてくれる人を自分も大切にできるような精神状態になるよう努めることも必要だと思います。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの30代。日常、旅、価値観の記録。移住、早期リタイア を目標に生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link