ぺんぎんメモ

sponsored link

本屋の新書コーナーに月1ペースで立ち寄るのが楽しみ

time 2017/06/24

自宅近くにある本屋さんに、月イチで立ち寄るのが習慣になっています。

頻繁に立ち寄っても陳列されている本にあまり変化がないので、だいたいこれくらいのペースで立ち寄るのですが、見るのは主に、暮らしの雑誌と新書。

暮らしの雑誌では、『暮らしの手帖』、『天然生活』、『うたかま』、『暮らしのおへそ』、『明日の友』をチェックすることが多いです。パラパラと見るくらいですが、とても楽しい時間です♪

新書は、岩波や中央公論以外のものを全てチェック(岩波と中公は字が小さく、内容が硬い感じなので…)。

気になったタイトルの新書をパラパラと読んで、かなり興味のあるものであれば購入します。

ただ、1冊買ったら1冊処分したいけれど・・・増えすぎてしまう本でも書きましたが、意識しないとすぐに増えてしまうので、よほど気に入ったもの以外は購入しないようにしています。

ただ、最近本屋で見つけた堀江貴文氏の『すべての教育は「洗脳」である』は面白くて、つい購入してしまいました。

Amazonでの評価はいろいろでしたが、読んでみてとても面白い!他人の評価を気にせず、買って良かったと思いました♪堀江氏の意見は???なものも多いので敬遠気味ですが、これは面白かった(笑)

最近では、電子媒体が主流になってきているようですが、どうも紙媒体でないと落ち着かない人間なので、自宅のスペースが狭くなってもこのまま紙の本を買い続ける気がします。

ちなみに、本屋さんは大きな所よりもこじんまりした小さな所が好きです。そして、人が少ない時間帯にゆっくり品定めするのが何より楽しい♪

今後も自宅近くの本屋さんに営業を続けてもらうために、なるべくネットではなく本屋さんで購入しようと思います。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。