ぺんぎんメモ

sponsored link

海外では無表情・隙を見せず―西安駅で思うこと

time 2017/06/26

中国・西安に行ったときのこと。

北京駅や天津駅でもそうでしたが、西安駅にも物騒な雰囲気が漂っていました。

中国国内の鉄道駅はどこも危険だといいますから、駅周辺を歩く際は特に注意が必要です。

なぜそんなに危険かというと、各地域から色々な人々が集まる場所だから。駅前、駅構内切符売り場、駅構内は特に危険です。

まあ、それは中国だけでなくどこの国でも同じことかもしれません。

例えば、ヨーロッパではスリと目が合ったことが何度かあります。特にローマの駅前・電車内は怖かった…獲物を狙う目で見られているのが分かるんです。

現地人でも狙われるので、観光客が狙われない訳がない。

ちなみに、北京では地下鉄1号線に乗っていて、カバンのチャックを開けられたことがあります…。

北京の1号線や2号線のラッシュ時間は、都内の満員電車となんら変わりがありません。むしろ、人口が多い分、北京の方が酷いほどです。

そんな訳で、私は毎回海外に出ると人格が変わってしまいます。普段から冷たくきつい性格ですが、海外ではそれに拍車がかかり、何があっても無表情(笑)

それが1番良い防衛策?のようで、アジア・ヨーロッパ地域へ数十回行きましたが、安全に過ごせています。

20代の頃は危険な場所へも1人で行っていて、今考えるとゾッとすることがあります…。

そんな訳で、今では海外ではあまり冒険せず、無表情で無関心を装う人間になっています。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。