ぺんぎんメモ

sponsored link

中国で美味しかった食べ物

time 2017/03/01

中国滞在中に食べたもので(外食以外)、美味しかったものとそうでなかったものを紹介したいと思います。

夫は中国に足を踏み入れることさえ嫌がりますが、私は日本が古来から影響を受けていた国で学ぶこともあると思っているので、数年前まで頻繁に渡中していたものです。

まず美味しかったものからご紹介!

 

美味しかったもの

ズバリ、中国で作っていない海外食品です(笑)

香港や台湾、フィリピン、日本になどの他国で作られたものは美味しいものが多くあります。ただし気を付けるべきことは、海外メーカー品でも中国国内で生産されたものはその限りではないという事です。製造地に注意です(笑)

ただ、ハーシーズのチョコレートは中国生産にしては珍しく美味しい品でした。このオレオも美味しかったです。ただ旺旺集団という台湾食品メーカーの品は美味しいものとそうでないものが分かれます。このボーロはイマイチでした。

中国で作られたものでも、中国に進出している日本メーカーの品は美味しいものが結構あります。このキューピーのジャムのその1つです。

いちごジャムやリンゴジャムは特に美味しくて助けられました。この桃李という中国メーカーのパンは、日本のものを真似したパッケージでスーパーでも大量に売っていますが、異常にフワフワで怖いです。

キューピーが中国進出しているおかげで、ドレッシングも美味しいものが食べられます。感謝。

ハウスも中国に進出しています。これはレトルトカレーですが、右の味よりも左の味の方が数倍美味しかったので味によって美味しさにバラつきがあるようです。

SBも中国に進出していました。おかげでゴールデンカレーを食べることが出来ました。

Oishiというタイのメーカ―のかっぱえびせんも美味しかったです。同じメーカーでも美味しくないものもありましたが、かっぱえびせんは美味しい部類に入ると思います。

中国には豆製品が豊富なため、基本的に豆菓子は美味しかったです。アーモンド、くるみ、落花生、大豆、えんどう豆などが美味しいです。ただ、安全性は不確かです。

ぶどう、ドライトマト、ヨーグルトは美味しかった印象が強いです。素材勝負というところがありますが、それでも美味しいものは希少な存在です。

康元というシンガポールメーカーのレーズンビスケットも美味しかったです。日本にも似たようなものありますよね。ただショートニングが使ってあるため食べませんが。

同じメーカーのココナッツサブレも同じく美味しかったです。日本でも売っていますが、やはりショートニングが使ってあります。土地柄ハラルフードも多く売っていますね。

リプトンのお茶も美味しかったです。お店で売っているペットボトルのお茶は、だいたい砂糖が入っていることが多いので、こうしたティーパックが重宝します。

つづいて、中国で美味しくなかった食べ物

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。