ぺんぎんメモ

sponsored link

家計の固定費を減らすために不可欠なこと

time 2017/07/01

毎月出ていくお金がどれくらいあるか、きちんと把握できていますか?

私は経済観念に乏しい性分なので、独身時代からおおざっぱな家計のやりくりしかしてきませんでした…

ゆえに、決めていたのは毎月の貯金額だけ(笑)

節約していても固定支出額を変えない限り、手元に残るお金は変わりません。

例えば、賃貸住宅であれば家賃、持ち家であれば固定資産税や設備費・管理費、保険に加入していれば掛け金、パソコン・スマホがあれば通信費、そのほか光熱費、食費、奨学金返済費など結構あることがわかります。

それら固定費を減らすことができれば、その分貯蓄に回せたり、娯楽に使えたり、食費を増やせたりすることでしょう。

ちなみに最近した固定費の削減は、スマホの通信費を月5,200円から月1,800円にできたこと。

実に約1/3減です!夫とのスマホと合わせると1/6減!!!(auからmineo(マイネオ)へ換えたら、月2000円以下に!

また現在は、夫の扶養に入っているので固定費は最小限で済んでいるのですが、近々残りの奨学金返済費を一括返済して、月々約3万円の固定費をゼロにすることを目標としています。

とりあえず、固定費を減らすためには、毎月の固定費がどれくらいかかっているのかを知り、その固定費で減らせるものはないのかを検討することが不可欠です。

例えば、保険の場合、そこまで必要でなくとも多額の掛け金を払っている場合が多いようです。

知り合いのファイナンシャルプランナーの方の話では、最近の病院は短期間入院で済ませようとする(そのほうが国からお金がもらえる)ので、高額の入院費用が保障されている保険に加入していてもあまり意味がないこともあると聞きました。

固定費を見直すことは少し精神的に負担になりますが、後々多大な精神的ダメージを受けるよりは、早い段階で固定費を最小限化するほうが良いのではと考えています。

固定費を最小化した家計のやりくりは将来的にも自分の身を助けるので、早いうちから出来る範囲で実行していきたいと思います。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。