ぺんぎんメモ

プランターバジルを育てることに―意外と料理に使える様子

time 2017/07/03

昨日、枝豆がツルボケしたとお話ししましたが、では代わりに何を育てようかと考えていたところ、偶然通りかかった花屋さんにバジルの苗が売っているのを発見。

以前から気になっていましたが、バジルを使う料理を作ることもないし、用途が限られそうなので敬遠していました。

ただ、ネットで調べてみると色々な料理に使えることが分かりました。しかも大葉と同じでシソ科の野菜らしい。これなら虫が付かずに育てられるかな?と思い、枝豆の代わりに育てることに。

種をまいて育てるのには少し時期が遅いので、苗を買ってきて枝豆を育てていた鉢へ植え換えました。

ちなみに、バジルをより多く収穫するためには、摘芯をときどきする必要があるそうです。それによって、茎や葉の生長が促されて多くの葉が育つらしい。

というわけで苗丈が20cmほどになったら、茎の頂点にある芽をどんどん摘み取っていくことにします。

また、バジルには、水や肥料をたっぷりと与えた方が多くの葉っぱが出てくるそうです。ゆえに、生育期間の6~10月は肥料をたびたび与えて、水切れさせないようにする必要があるみたい。

ただ、土が乾燥する前に水やりをすると根腐りが起きてしまうらしいので、土が白っぽく乾燥するまでは水やりは控えようと思います。

枝豆とは違って肥料を与え続けることが大切なバジル。上手く育てて料理に使っていきたいと思います。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]

アーカイブ