ぺんぎんメモ

sponsored link

『40歳からのシンプルな暮らし』シンプルな生活空間の大切さ

time 2016/08/31

%e6%9c%ac

最近読んだ、『40歳からのシンプルな暮らし 「これから」をラクに生きる自分整理術』(金子由紀子著)。この本に、自分の生活に通じる部分を多く見つけて、少々元気づけられました。

引っ越してから約半年、ようやく今の自宅が夫と2人で快適に過ごす空間になったと感じています。

それまでは、購入・整理・処分を繰り返していたことと私の1人暮らし期間も長かったこともあって、2人生活に必要な物選びにかなり苦労しました。

もともと物は少ない方でしたが、さらに多くの物を処分し、目に入る物の色をなるべく統一させてきました。いまだに夫の物は多いですが、自分の物を最小限にして何とか収納しています。

そんな現状もあり、この本には励まされる文章が何点かあったので掲載します。

つまらない物を使っていると、つまらない自分になってしまう

もう買い直さないつもりで買う

食事はなるべく手作りするけど、凝ったものは作らない

今までの忙しさに紛れ、いちばん大切な自分の家を、居心地よく整えることができてこなかった人は、今のうちにぜひ、ゆったりとくつろげる空間を作り上げておきましょう

家の中が落ち着いてくると、夫ができることとできないことを見分け、できることだけ割り振っていくこともできるようになりました

身軽になると、いろいろなことがラクになる

自分にとって居心地のいい空間に気づく

以前よりもシンプルな暮らしへ変化していくと、心も頭もスッキリするようで、自宅にある不要なものを排除した結果、不思議と食品も不要なものを食べなくなりました。

こうした変化が得られるのは、他人に指図されて変えたり、業者に掃除してもらったからではなく、自分で納得して変えたからだと思っています。

シンプルな自宅を維持し続けるためには、自分自身がシンプルな状態を保っていく必要があることを、40歳からのシンプルな暮らし 「これから」をラクに生きる自分整理術を読んで改めて考えさせられたのでした。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。人生を好きにいられるように自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link