ぺんぎんメモ

sponsored link

『チェルノブイリの真実』は隠され続けている②

time 2017/07/25

原発は必要だと主張する組織・人々の意見がありますが、原発が必要だと思える理由は1つもありません。

もしあるとするならば、「原発利権に絡む人々が儲かるから」でしょう。

今回は、そうした原発推進派の意見を、『チェルノブイリの真実』に書かれていた内容を元に否定していきたいと思います。

まず、「原子力は経済的に有利」という意見。

原子力発電は火力発電、水力発電、風力発電よりも経済的に有利だと原発推進派は主張します。が、日本の電力料金は世界一高いうえ、そのコスト計算には核廃棄物処理代が含まれていません。そして、福島原発事故が起きた後の処理でも分かるように、事故が起きた場合の損害は莫大となり、その費用も電気利用者が負担するという何ともお粗末なものとなります。これでは経済的に断然不利だし、有利なのは原発産業を牛耳る組織だけだといえます。

次に、「原子力は石油の代替エネルギーになる」という意見。

石油が30年で枯渇すると言われて30年が経過し、1996年の時点ではあと45年といわれていました。ですが、2017年の今もなお価格操作を行いながら石油が枯渇する様子はありません。それ以前に、原子力発電自体がウラン採掘から原発建設までに膨大な石油を消費するので、原子力発電が石油の代替エネルギーになることは不可能です。代替するなら、原発産業を牛耳る組織の人々が原発作業員と職務を代替すべきです。

そして、「日本の原力の1/3は原子力」という意見。

多くの日本人が義務教育で習う、「日本の電力の1/3は原子力発電で賄われています」という内容。しかし、1996年時点で日本の電力の95%は火力と水力で賄われています。そして、電気が余るためほとんど運転していない火力発電所もあります。原子力で賄われているとすれば5%です。その5%のために多くの危険を伴い高い電気料金を徴収しているのは、明らかにおかしいです。

最後に、「二酸化炭素を排出しない原子力は地球に優しい」という意見。

石油・石炭は電力だけでなく二酸化炭素も生み出すのに対し、原発は電力しか生み出さないから地球に優しいという原発推進派の意見があります。が、原発は電力だけでなく放射能と核のゴミも生み出します。放射能は白血病、ガンなど危険な健康被害をもたらし、核のゴミは処理場が未決定なうえ、そのゴミが放射線を発しなくなるまでには最低でも10万年はかかるという始末です…。どう考えても地球に優しくないでしょう。

原発産業を推進してきた各機関は、世界の過剰人口を抑制しながら、莫大な利権を生み出そうと思ったのでしょう。実際、多くの人々が犠牲になって命を落とし、原発産業に携わる企業・機関は莫大な利益を得ました。

しかし残されたのは、放射能に汚染された世界各地の土地・空気・水。各国が思うように戦争をしなくなって武器が売れないから、核の平和利用という?原発産業で儲けようとしている組織が多くいるようです。

そうした組織が原発を庶民に肯定させるためにつくった原発推進派の意見を鵜呑みしていると、生活環境・健康があっという間に破壊されることでしょう。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。