ぺんぎんメモ

日本人は平和ボケしたと言われるから、そのように振る舞うのが得策

time 2017/08/15

70年以上前、戦時中の日本ではまともな精神状態の大人が少なかったといいます。

戦争経験者・戦地経験者から、「戦争は人格を変える」と聞いたことがあるので仕方ないのかもしれません。

ただ、そんな厳しい時代から長らく遠ざかっている日本人のことを、「平和ボケ」と批判する風潮があります。

島国なので視野が狭く、単一民族国家なので異質なものを排除しようとし、細かいことばかりが気になる日本人。

政治には無関心で、芸能ニュースばかりに興味を沸かせ、お祭り騒ぎが好きで、現代教育による洗脳によって世間の目・ヤクザなどにビビって行動を起こせない日本人。

でも、そんな日本人が住む日本列島は自然災害大国であり、周囲は海に囲まれ災害時には逃げようにも逃げられない環境です。つまり、いつどうなるか分からない危険性をはらむ厳しい環境に住んでいるわけです。

でも、先に書いたように「平和ボケ」などと指摘する人々がいます。

確かに、数十年前に非常に苦労して得た選挙権を無為にするなど、社会問題に無関心な人々も大勢いますし、国家としても国際社会の流れに疎すぎると思います。

が、前述したように厳しい生活環境下で、必死に生きている人も多くいるのです。

地震、台風、津波、洪水、土砂崩れ、火山噴火、大雨など、これまで自然災害の被害に遭った多くの人々は、「平和ボケ」とは程遠い生活を送っています。

また、賃金に見合わない完璧さを求められた多くの労働者は、精神的・肉体的に酷使されながらも社会に貢献しています。さらに、原爆、原発による健康被害で苦しみながらも、必死に生きている人もいます。

そんな状況下にある人々を、「平和ボケ」と指摘する人々は一部の情報を切り取って見ているだけな気がします。

でも、「平和ボケ」しているように見えていた方が安全なことも多いので(笑)、今後も社会問題や政治的問題にはなるべく無関心を装って生きていきたいものです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]

アーカイブ