ぺんぎんメモ

sponsored link

『チェルノブイリの真実』は隠され続けている④

time 2017/07/25

チェルノブイリ原発事故が起こった後、ヨーロッパ各国では福島原発後の日本と同様の状況が見られました。主なものは以下の通り。

  • 放射能許容基準値の引き上げ
  • 食品産地の偽装
  • 汚染されていない食品とそうでないものを混ぜて販売
  • 汚染状況を非公開
  • 汚染された食品を輸出

これらは福島原発事故後にも汚染地域で起きていたことですが(今も起きていますが)、同様のことを過去のヨーロッパ各国もしていたことはあまり知られていません。

チェルノブイリ原発事故当時は、現代のようにネットがなかったため情報が拡散しにくかったのだと思いますが、それでも隠蔽し続けた事実は変わりません。

もちろん、国民が混乱しない範囲で情報を開示し適切な対応を取った政府もあり、各国の事情によって原発事故(放射能)への対応は分かれています。

ただ、当時から今までヨーロッパから、汚染された地域で作られた小麦を使った食品(菓子、パスタなど)、汚染されやすいベリー類、キノコ類、乳製品などが大量に日本へ輸出されている現実を見ると、各国の対応そして日本の安全管理には問題があると言えます。

おそらく汚染地域に近い場所で作られた原料・食品には、半減期が短いセシウム131・137だけでなく、半減期が恐ろしく長いストロンチウムやプルトニウムも含まれていたです(今も含まれているはず)。

私が最近まで食べていた「バリラ」のイタリア産パスタからも、放射性物質が検出されていました(2012年)から、幅広い範囲での汚染が予想できます。

ヨーロッパの食品は、日本が西洋かぶれの時期(1980年代後半)に大量に入ってきたそうですが、ちょうどその時にチェルノブイリ原発事故が起きたので、汚染された多くの食品が日本に入ってきてしまいました。

ただ、当時ちょうど原発推進し始めていた日本では、放射能汚染された食品輸入を拒否するような概念はまだなかったようです(今もありませんが…)。そう考えると、今でもヨーロッパ産食品の安全性には疑問が残ります。

が、中国産食品も核実験をしているので危険だし、それ以外の面でも危険があります。また、東南アジア産食品も日本産原料を加工している場合が多いと聞きます。さらに、アメリカ産も度重なる核実験で危険、オーストラリアにもウランがあり危険で、ほぼ全世界が汚染されている現状が見えてきます…。

とはいえ、そんな環境でもできるだけ健康に生きていきたい訳で、

【放射性物質をデトックスする食生活】長崎原爆症を克服し89歳まで生きた秋月医師の教え

など日本の伝統的な食生活で健康被害を最小限に抑えながら生きる選択肢もあると思っています。

ゆえに、どこまで被害を抑えられるかは未知数ですが、先人の教えをもとに今後も玄米・味噌・わかめ・天然塩の食生活を継続し、健康寿命長く生きていきたいと願う日々です。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。