ぺんぎんメモ

sponsored link

小豆島をのんびり歩く

time 2017/08/08

小豆島はオリーブで有名な瀬戸内海に浮かぶ島。高松から高速船で約30分、フェリーで約1時間ほどの距離なので、高松短期滞在中には何度か足を運びました。


小豆島には港が6つありますが、高松から行けるのは草壁港・池田港・土庄港・坂手港の4つ。

小豆島は小さな島とはいえ坂道が多く、島内移動にはけっこうな時間がかかるため、目的地に合わせて行く港を決めるのが良さそうです。

フェリーよりも船賃はお高めですが、高速船は所要時間が半分!

瀬戸内海に浮かぶ島々を眺めながら、小豆島へ向かう海路は何とも幻想的です♪

ここは、池田港。

池田港の近くには産直市場があり、原料が良い美味しい名産品がたくさん売っています♪

ここは、土庄港。土庄港近くにも観光センターがありますが、私が行った時は休みだったのか閑散としていました。池田港のほうが賑わっている印象です。

ほかの2つの港には行ったことがないのですが、オリーブ公園・ギリシャ風車へ行く場合は、草壁港からが1番近いです(車で5分くらい)。

とはいえ、どの港からも路線バスが出ているので、坂手線・南廻り福田線を使えば、所要時間は違えど行くことができます(バス停「オリーブ公園口」で下車し徒歩約5分)。

真っ白な風車は、オリーブの木が生い茂る丘の上。

公園にはオリーブの原木や、

オリーブ発祥の地など、オリーブにまつわる場所が満載です。最近では外国人観光客も増えているらしいです。

オリーブ公園以外に島内をのんびり歩くと、オリーブだけでなく柑橘類や農作物も多く栽培されていることがわかります。

美味しそうな柑橘類は種類が豊富♪

とぼとぼ歩いていたら、道の駅に到着しました。平日だったせいか人はまばらでしたが、食事処もあり休憩には最適です。

美味しい煮込みうどんと焼きおにぎり♪

島内には、オリーブ加工会社もいろいろありました。

この「井上誠耕園」というお店は高松市内にもあり、食品だけでなく化粧品なんかも売っていて、オリーブを使った商品を多数扱っていました。

ちなみに、小豆島池田港の産直市場で、食品を数品購入しました。安全・安心な食料品がたくさん手に入る小豆島は、食糧調達に最適な場所!!ここに住んだら、食事のことを気にせず生活できるんだろうな~と想像しながら過ごした気持ちの良い時間でした♪




down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。自由に生きたい。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。