ぺんぎんメモ

sponsored link

高松駅周辺をのんびり歩く

time 2017/08/07

数年前に1度、香川県高松市に移住を考えていたことがあります。震災が起きてから色々悩んでいた時期でもあり、短期滞在しながら就職活動をしていました。いくつかの会社から内定をもらったので、さあ移住しようと思っていたのですが、ここで生活することへの物足りなさを感じ、全ての内定を断って神奈川に来てしまいました。

ちなみに、JR高松駅前は広場になっていて、スーパーやマンションがありましたが、人もまばらで閑散としていました。ただ清潔・開放的な雰囲気で治安は良さそうです。

また、観光案内所やバスターミナルも分かりやすく利用しやすいです。高松空港までのバスもここから出ています。空港までは約30分なのでアクセスもいいです。

他にも、オフィスビルが入った高層ビル、シティホテルがありました。

オフィスビル内には、コンビニ、土産屋、飲食店、本屋が入っていて便利そうでした。その中のラーメン屋で豚骨ラーメンを食べましたが、普通に美味しかったです♪

駅前から海側へ歩いて行くと、マンションが立ち並ぶ広場があり、さらに奥には開放的な住宅街が広がっていました。異常に広場が多いのを見ると、高松駅前の地価はそこまで高くなさそうです。

高松築港からは瀬戸内海の島々への船が出ていますが、港があまりにも広くて、土地があり余っているような印象を受けました。車も人もほとんどいないけれど、時期によっては混むのでしょう…。

ちなみに、JR高松駅から西部・北部方面へ向かう電車に乗ってみました。

市街地を超えると、永遠とのどかな田園風景が広がります。

ちなみに単線ばかりです。

JR四国の路線はだいたい四国周囲を網羅しているので、時間はかかりますが移動はしやすそうです。

JR高松駅に戻ってきました。駅から信号を渡って徒歩5分ほどの距離に、琴電の高松築港駅があります。琴電は高松琴平電気鉄道の略称で、香川県内に3つの路線をもつ私鉄です。この琴電にJRから乗り換える人もけっこういます。左側には、高松城跡(玉藻公園)があります。

そんな琴電ホームはこんな感じ。長尾線と琴平線、志度線があります(志度線は瓦町駅で乗り換え)。

琴電に乗って瓦町駅で降りると、三越や有名な丸亀商店街、スーパー、コンビニ、輸入食品店、飲食店、薬局、銀行、本屋、100円ショップ、特産品売場、服飾雑貨店もあり、日常的な買い物には事欠きません。短期滞在中も、観光・隠居生活するには?最適なんだけどなぁ~と何度も思いました。

が実際問題、高松に住みたい理由がないと、30代の私が1人で生活し続けるのは物足りない気がしました。もちろん、実際に数年間住んでみないと分かりませんが、目的がない中で縁もゆかりもない土地に1人で住み続けるのは私には難しく感じたのです。

1軒屋に土地を借りて自給自足的生活をしたいとか、毎日キレイな海・川に入りたいとか、そこに住みたい明確な理由がないと、すぐに飽きてしまいそうな気がしました。今もその気持ちは変わっていなくて、だからこそ移住先にまだ悩んでいるのかもしれません。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。