ぺんぎんメモ

父が病気になったとき宗教勧誘が相次いだ話

time 2017/08/19

私が幼い頃父が難病になってしまったのですが、その時に相当腹が立ったことがあります。

宗教を信仰して救われるかは人それぞれとも被るのですが、それは「お金を払って信じれば救われる」と騙す人々が現れたことです。

父が現代では完治する見込みがない病気になって途方に暮れていたとき、「これをやれば救われる」と怪しい宗教組織からの勧誘が相次ぎました。

それまで健康でやりたいことも山ほどあった父が、30代前半にしていきなり人生が終わると言われたのですから、わらをも掴みたい気持ちだったのだと思います。父は病気から脱出する希望を求めて、片っ端から勧誘された組織を試していきました。

ただ案の定、それらどの組織でも会員からお金を徴収しては、「この体操を続ければ病気が治る」、「これをやれば完治する」等効果のない文句を会員に与えているだけのようでした。おかしいと感じた母がやめるよう父に伝えましたが、命が限りなく減っていく父には聞き入れることができませんでした。

そんな状況でも山深い田舎の自宅へは、壺を抱えた女性達や手をかざしてくる女性達等々、ありとあらゆる勧誘の波が押し寄せていました。多くの勧誘者たちは、2人以上で訪ねてくることが多かったのですが、だいたい1人は本当にその宗教を信じている人、もう1人はその信者たちを使ってこちらを騙そうとする人でした。

命が消えそうな人間に対して、おかしな論理で迫ってお金を絞り取ろうとする人達。

当時中学生だった私は、今よりも更に無知だった上対応力に欠けていたので、そんな人達に何もお見舞いすることができませんでした。やったことといえば、玄関の壁に「宗教団体お断り」とマジックで書いた大きな紙を貼ったくらいです。

今考えてもお粗末な行動ですが、当時の私なりの必死の抗議だったのでしょう。でも、それ以降はウソのように勧誘が来なくなりましたから多少の効果はあったのかもしれません。「自分達よりヤバい奴らがいる!?」って察知したのかもw

以前も書いたように、それらの勧誘によって救われている人もいるでしょうが、救われない人もいてその中には貴重な時間を奪われた人もいます。

ゆえに、宗教勧誘はこの世から滅びて欲しいですし、絶望の最中にいる人を救えるなんて傲慢な考え方もやめて欲しいと思います。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]

アーカイブ