ぺんぎんメモ

sponsored link

おにぎり持参は節約だけでなく安全

time 2017/08/09

最近、夫と少しばかり遠出する用事がありました。だいたい外出時は夫が外食をしたがるのですが、出費もかさむし、何より安全性に問題があることが多いので、何とか阻止する方法はないかと考えていました。

もちろん、場所が場所なら外食も仕方ないですが、そうでないときもあります。そんなときは、自宅から食料を持参するのもアリではないかな?と思う私です。

そういえば、夫が定期的に「おにぎりが食べたい」と言っているのを思い出し、「おにぎりを持って行って食べない?」とお伺いを立てたところ、難なくOK(笑)

というわけで、おにぎり(梅・昆布・おかか)と少々のおかずを持って外出しました。夏場は躊躇することが多い食料持参ですが、涼しい日や夕方以降の外出であれば問題ない様子。おにぎりの塩気を強め、おかずの味付けも濃い目にすると安心です。

普段は玄米を食べることが多いですが、おにぎりは夫の好みに合わせて白米で握るほうが多い気がします。ただ、玄米おにぎりも独特の美味しさがあって大好きです。そんなおにぎりの登板機会を増やすべく、今後もお伺い機会を狙っていきたいと思いますw

ちなみに、アルミホイルのアルミニウムは、体内に入ると認知症を発症させる危険物質。

「アルミ製品は使わない」アルツハイマー型認知症など脳障害の危険性

身体の不調の原因は「重金属」の可能性

でも危険性について書きましたが、アルミは融点が低いため熱々のままのおにぎり&おかずを包むのは止めましょう。現在、代替品を検討中です。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link