ぺんぎんメモ

sponsored link

大塚国際美術館は、本物の絵画がいかに素晴らしいかを知れる場所

time 2017/03/28

世界的に有名な絵画のニセモノが一堂に会する、「大塚国際美術館」。アクセスに不便な場所にありますが、一度は行ってみたいと思い足を運びました。

館内には、教科書で見たことのある有名な絵があちこちにあり、けっこう楽しめます。世界中に点在している有名絵画を、疑似的にでもいっぺんに味わえるのは良いものです。

日本のこうした技術力には脱帽するばかりで、どの作品も細かいことが得意な民族らしい精巧な造りでした。ただ、じっくり観賞するというよりは、有名な絵をおおざっぱに知る機会と捉えたほうが良い気がします。

やはりニセモノなので絵に力がありませんし、本物とは比べものになりません。偉そうに言ってる私は絵画に詳しいわけではありませんが、本物を先に見ておくとニセモノとの違いがよく分かりますw

そして、それがここに行って良かったことだとも思っています。やっぱり本物はすごいんだなと、本物の絵にいかに力があり、訴えかけてくるものがあるか、を知れたことは貴重な体験でした。

というわけで、大塚国際美術館の醍醐味は、本物がいかに素晴らしいかを知ることにある、と勝手に結論付けておきました(笑)

ちなみに、館内は写真撮影可なのでその点も良いかもしれません。海外とは違い、スリの心配もそこまでないですし、トイレも通路もベンチも清潔!いろいろと面白い体験ができる美術館だと思いました♪

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。